FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年07月18日 (火) 10時13分
到着

おかげさまで土曜日に無事実家に到着しました。

機内で早速和食第一段を堪能。(機内食ごときで大袈裟?しかもエコノミーの食事。笑 いやでも、おいしかったんです。)

そうめんを食べるときにワサビときざみのりがないなあと思いつつ、それなしで仕方なく食べました。

そうしたらあとで、コーヒーカップの下に置かれてあったのを発見。隠していたなーーと一人で憤慨。
残りのつゆにわさびときざみのりを混ぜてつゆをすすりました。だって、これが美味しいのよーー。

鳥の照り焼きも和風の味、やっぱり美味しいなあ。

食事前のアペリティフではアサヒビールをぐぐいと飲んで、日経新聞を読めば気分はもうおやじギャル。(ギャルはもちろん冗談です!この言葉自体もう死語?!)

成田に到着し、成田エクスプレスに乗り込み、電車が走り出して数分すると、千葉の畑や小さな、丘ともいえるほどのミニミニ山並みが見えてきて深い緑色でうっそうとしています。
それらを見ながらコンビニで買ったおにぎりをほおばる。
ああーーうまい~~。涙

東京はまだつゆが明けていませんでした。

さて、実家に到着したら、母が育てている花が今年も沢山綺麗に咲いていて出迎えてくれました。
うちはお庭がないのですが、玄関前などのほんの小さなスペースを利用してミニ・ガーデニングを楽しんでいます。
ほとんど全部コンテナ利用なので手入れはちょっと大変です。

花1

今年も元気でいてくれてありがとう。

花5

花4

花3

花2





続きを読む »

2006年07月14日 (金) 10時59分
日本へ

きょうの夜、日本へ出発です。
昨日実家と電話で話して、
父の病気の状態が少しわかりました。
切羽詰った状態ではないようだったので、それだけは少しほっとしましたが、油断してはならないと、思います。
日本に帰ってから、検査結果の詳細、治療の方針なども詳しくきくことになると思います。

どうか、完治を目指して頑張ってほしい。
家族で、一緒に頑張ってゆきたいと思っています。


それでは実家も楽しみに待っているお酒のビンをスーツケースに詰めて。。重い。。
行ってきます♪

ああ、明日から和食尽くし・・・ぬふふふふ。

2006年07月09日 (日) 08時17分
ステロイド剤の後遺症・・・

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : 普通の日々、徒然

ご無沙汰していました。

なんだか、ヤル気がでない日々です。
書くこともない気がして、これは落ち込んでいるのかな?
自分の体にもう妊娠力なんてない気がするんですよね~。。
治療から気が遠~~のいているような気もしているけれど、いや、実際は相当やっぱり気にしているんでしょうね。

でも、最近人の出産記やら妊娠記などを読んでいると、「あっそう・・」って感じで、人事。
妊娠力がねーースカスカになっているような気がするのです、私の体。

3回の撃沈で落ち込むなんて甘い!といわれるかもしれませんが・・
金銭的な問題もあるし、、エンドレスでトライできるわけではない。
近い将来どうやって結論を出すのか。出せるのか。。。??


ところで、IVF前後トータルで1ヶ月ほど、ステロイド剤と抗生剤を服用していました。

IVF前後、かなり忙しかったこともあって、多少無理もしていました。
でも、ステロイド剤を服用していたので、体の調子がすごくよかったんですね。
で、撃沈後、ステロイド剤をぱったり止めたら、、どん!としわ寄せが来たようです。
普段のアレルギーが酷くなる、そして、体中の筋肉痛。これが一番酷いかも。
普段から気をつけてるような上記の慢性症状は、ステロイド剤服用中は忘れ去っていました。
このリバウンドは相当凄い。
来週はやっと整体に行く日なので少し楽になるといいけれど。


次回の治療、このステロイド剤服用は、止めたいなぁ。
これ、効果あるもんなの??一体どういう効果を狙っての服用なんでしょうか?!!
もし気休め程度のものなら、止めたいんですけど。
でないと後のリバウンドがつらすぎ。


あーーーもうすぐ日本!!!

鍼に行くぞ!
話題のサプリを買うぞ!
そして鬼子母神にお参り。

と、結局治療のことばかり考えているのね。笑
変な話なんだけど、落ち込んでうんざりしている割に、治療が生きがいにもなっている?

家族の健康でちょっと心配事が発生しました。
どうか大したことはありませんように。
帰国するころには精密検査の結果も出ているはずなので、
家族で色々と、話し合うことになるでしょう。

たった3人の家族です。
どうか、両親二人共、長生きして欲しい。

できることなら、、、両親に孫の顔を見せてあげたい。。

妊娠力スカスカなんていってないで、、また浮上しなくちゃね。
がんばれ、43歳! ふぅ~~・・・。ばたっ。

2006年06月26日 (月) 07時47分
生理一日目~~。。。

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : 普通の日々、徒然

うっ、きたぁ~~、、、

生理です。

周期24日。早い。。相変わらず。せめて25日もってほしかったけど、仕方ないか、、採卵も早かったし。

でもいつものようにダラダラ不正出血が続いてのちはじまる、生理一日目をいつにしたらよいのか悩む、という始まり方ではなく、はっきりとはじまったのは、とてもいいことね。

毎回こうだったらいいんだけど・・

黄体補助の相談を今度、しよう。


今朝の体温はまだ高めだった。
二度寝したあと二度目にまた測ったら37度だったんで、びっくりした。
まさか!!!なんてまた、期待してしまったよぉーー。
でも、胸がもうまるっきり痛いところこれっぽちも無し!スッキリ!という状態なので、やはり現実味はなかった。

朝から始まった腹痛は生理前のもだったし、生理直前特有の便秘気味なところもやはり疑いようもなく。

今回は生理がくるまでずっと下腹痛が続いた。
卵巣あたりと子宮あたり。
なるほどね。。。この症状も、当てにならないと、学んだわ。。苦笑

やはり、決め手は胸の張りか!!


スタートから悪かった今回のIVF。
それでもやはり希望をもたずにはいられないのが人間。
だからやっぱり、少し涙が出てしまいました。
とくに、今は夏の帰国が迫っていて
またもや、何も朗報を持って帰れないことが寂しい。
両親よ。。ごめんね、喜ばせてあげられなくて。

両親も年をとって、、わたしも随分トシとって。。溜息。
だんだん寂しくなるねぇ。。
わたしはしかも一人っ子なので、、、
これから将来、どんどん寂しくなっていってしまうんだろうか、と思うとなんだか、恐怖でさえあります。

去年の夏に帰った時は、初IVFを秋に控えていたので、かなり希望を持っていたのでした。
きっと来年の今頃は、、、孫をみせてあげられるかも、などと、期待してわくわくしていたっけ。

ダメだったわね。。

こうしてまた、何も変りばえすることなく、の帰国となるのでした。。。


今度、主治医にDHEAのことについて聞きたいと思ってます。
服用してみたいと思って。
できることなら何でもやるわよ!もう~~~涙
そして、贅沢な希望かもしれないけれど、、、次回は

「凍結」を目指したいのだ!

まあ、今回もそう思っていたのに、受精卵がたったの1個という悲惨な状態でした。。。

それでも懲りずに・・「目指せ、凍結受精卵」エイッエイオー!! (このかけ声、古い・・?汗)

2006年05月23日 (火) 09時06分
低空飛行中

ジャンル : 心と身体   テーマ : 婦人病 
カテゴリ : 普通の日々、徒然

いま、不妊治療を受けているのだけど、鬱々となる度合いがだんだんと強くなってきている気がするこの頃です。

43歳という年齢。そして、自分の体のことはある程度、想像できます。どんな状態なのか。

だから、もしかしたら、不妊治療は成功せずに終るかもしれない。

でもとりあえずまだ今は、治療が出来ているからそれだけでも幸せです。
これが本当に打ち切りになったとき、、、私はどうするんだろう。
キツイだろうなぁ。

あまりネガティブなことを言っているとほんとにダメだよ、と思われるかもしれませんが、心は実際にネガティブなので、仕方がないのです。だから無理をせずに、今は鬱々と綴っています。そのためのブログでもあるし。(言い訳)

最近、資格試験のための勉強をはじめました。

子供ができてもできなくても
養う人がいてもいなくても

自分の人生、なにか、最後まで自分なりに意義のあることをして生きてゆけたらと、願う。

やはり人間は「生きる」という希望を根っから取り去る事のできない生き物のようです。

子供がいなかったら、もういいよ、自分ひとりだけ、適当に生きてゆける手立てさえあれば。

どんなに頑張っても私が残すものを引き継ぐ人もいない。
だからそんなに頑張る必要もないなぁ。

と、思えなくもない。

でも、やっぱり何かをまだ夢みたり、目標を立てたり、してしまう自分がいる。
人間って、生きたい生き物なのですね。

資格試験。
これはかなり長期戦になると思われるし
言葉もかなり苦労するだろうと思うけれど
そしてこんな年齢になってから初めての勉強。
今更遅いよ、という思いに内心びくびくしつつも、、、
楽しくて仕方がない、この勉強が好きだ、なんて思う。

この勉強に出会えてよかった。

こんな風にときどき、
「子供がいなくても」という状況を頭の中でシュミレーションして未来を考えてみたりする日々。
「子供がいなくても」を受け入れられるのか?という不安からです。

前頁へ移動する «  トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。