FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月14日 (水) 07時44分
日本でお正月

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊治療 
カテゴリ : ICSI 7回目@KLC

お久しぶりです。
かな~~り長いこと、ご無沙汰していました。
ずーーーっ書きたいこともあったのだけど、
いま一歩、書くところまでのパワーに欠けていて、
ブログ更新ナシ期間最長記録作っていました。

ブログの管理画面が変っていて、いろいろ新しくしたんでしょうけれど、
この記事投稿画面、すごく書きにくい!!!



この冬に、日本に行くことがほぼ決まりました。
帰国次第にKLCに行きます!(鼻息)ふんが~~!!

今自分で描いている計画としては、こうです。

次周期の排卵前に帰国。
KLC受診。
できたら、完全自然で採卵したい。
もしうまく採卵できたらICSI、うまく受精してくれたら移植。

これで結果がでるとはあまり思えないけれど、一応、念のために。
なんといっても45歳前の貴重な卵です。

これで撃沈したら

その次の周期に
HMGを使って採卵。
採卵できて、受精してくれたら、凍結。
しかしETはせずに一旦欧に戻ろうと思っています。

そして、来夏に、ゆっくり、のんびり、凍結卵を使って移植。

卵はいくつ凍結できるでしょうか。
(神様、うまく行きますように、お願い!)

そして、これでもう採卵は最後になると思います。


9月後半に治療直後の生理がきて、その生理はとても変だった。
その次もほぼ同じ状態。
排卵出血がなにしろ多く、その後生理になるまでずっと出血が続きます。
体温もいい上がり具合にはならないし。

治療の後は特にこのようになります。

治療の影響が大きい、ということだと思います。

KLCの刺激は低刺激かもしれないけれど、
それでも同じような状態になるのだから、
やはりわたしの卵巣は弱っているということ。

ホルモンの状態がすごく悪い。
黄体ホルモンもよく出ていないせいだと思うけれど、
PMSもかなり酷い。

こんな状態で、妊娠できるわけないですね。

(だから、わたしは、毎周期連続で採卵すると、カラになったり受精できなかったりとか、そういう話をネットで読むと、自分の状態に照らし合わせれば、当然かもしれない、と思いました。低刺激でも、一本でもHMG打ったりすれば、やはりホルモンが乱れるのかな、と。)

そう、どんなに一生懸命卵を育てて採卵してKLCの培養技術で分割させてもらっても、
母体がこんなホルモンの状態じゃ、
妊娠できるわけないです。

だから、採卵周期に戻したらダメなんだ、と、今頃!!!認識。


最後の採卵で卵がとれたら、それらは無駄にしたくないので、
凍結して、来夏に移植するまで、
体の状態を元にもどし、体をいい状態に作ってから、最後の卵ちゃん(達)をゆったりと、余裕ある日程で戻したいと思います。

結果がでないまま、治療のできない環境で45歳を迎えるのは、とてつもなく不安になるとは思うのですが、、、急がば回れ、かもしれない、、、う~ん。


それから、やはりあきらめることへの準備もしなければ、と思っています。

いろいろと、つらい想いはでてくるだろうし、
親子の、母子の暖かい姿を見たり、うらやまし~いお話を聞くことも普通に生活していれば、一生あることでしょう。
その度に、寂しくなるのかな?つらくなるのかな?
でも、仕方がない、、わたしには、実現できなかった、という夢。
そのことを、自分に認識させていく練習です。

そして、自分の持ちものの行く先を決めたりとか。
わたしは一人っ子だから、誰も継ぐ人がいません。
その場合、わずかながらも所有している大切な持ち物を
どうするのか。

思いいれや思い出のある貴金属類だとか、
安物だけれど一時期好きで主にはリサイクルで買っていた着物たちだとか、
細々としているかもしれないけれど
そういうもの、色々。

自分としては、変な人に渡ってほしくない。

いろいろと、うちには親戚関係で難のあることが多いので
そういう人達に渡したくないです。

主にどう、微々たるものとはいえ、親から引き継いでいく財産を処理するのがベストか?
ということも含めて
日本に帰ったら書籍を探してみようと思います。

なにかそういうことを書きとめてゆくノートか書籍だかが日本で流行っているという情報を見たので、それを探してみようかな?


なんだかケチなこと考えているかもしれないけれど、
(私って、実はもの凄い物欲人間!!!)
そういうことをクリアーにしてゆけば
かなり安心感もでるのではと、自分では思っているわけです。


気持ちは半々ずつ。

まだ残されている可能性に願いをかけて、
その一方で否応なく見せ付けられている現実、
つまり、わたしにとって妊娠はとても難しい、
授かる事は、努力だけじゃどうにもならない、
ほとほと、授かることの難しさを感じています。
もう最後の最後にきているからね、、、。

もし授からないことが私の人生として運命づけられているならば、
最後にこの冬、子供のいる人生に変えられるように、
そんな願いを込めて
頑張ってみます。
世の中には、運命はチョイスだ、という考え方もあるのだしね。









スポンサーサイト


マノンさぁーん!!

お久しぶりです!!首をながぁくして待っていました♪
マノンさんもこの冬に日本に行くのですね?私は年明けです!!
今度こそ、今度こそお互い大丈夫だよ!!
来年こそはデッカイ腹でお互い欧を闊歩しちゃいましょうぜぃ(^^)

そちらも寒くなってきたことと思います、風邪ひかないように気をつけて下さい。
ちなみに、コチラの現在の外気温0度です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです
更新されていてとっても嬉しくて覗きにきました
今年の日本は寒いらしいですよ
暖かいコート着て帰ってきてくださいね
体調管理に気をつけて治療成功されることを
お祈りしています

応援します!!!

マノンさん、元気!?そちらも寒いんでしょうね。こちらもボチボチ来てますよ~!帰って来てから、気が抜けたのか寒かったせいか、喉頭炎で微熱が下がらず、ずっと床に伏せてたの。私にとっては超珍しいことだけれど、それだけ夏の疲れ、日本生活のストレスが出て来たのかな、って思ってます。それだけ、無理が利かなくなっているということなのね、きっと。

マノンさんの決心、とっても素晴らしいと思うな。すごく前向きだから、心から応援します!今度の日本行きで、マノンさんが望んでいることが現実となり、来年は夢がかなうことを切に願ってますよ☆v-22

それと、下の方のコメント、そこまで腹をくくっているのなら大丈夫だと感じるわ。私もその心境わかりますよ。だって、ずっと続けて行くにしても、やはり努力だけでは実らないこともこの世の中にはあるので、心の行き場を見つけるのはどんなことでも大切だと思うもの。私も、マノンさんの気持ちと同じだけれど(ある意味で、達観している)、まだまだ諦めてもいないの。執着はしない(心の余裕がある)けれど、希望も捨ててはいないのよ。治療放棄は宣言したけれど、違う意味での子授かりを実践して行こうと思ってます。

やはり、私も高刺激を3回、それと中刺激と低刺激の半分みたいなことをしたら、どんなに間を空けていても、ホルモンバランスが滅茶苦茶。きちんと生理は来るし、ちゃんと排卵期になると伸びるおりものもたくさん出てくれる。そしてまだ卵巣は卵胞を作り続けてくれてはいるけれど、やはり数値(E2が高くて、FSHがメチャ低い)がよくないのはタマゴ自体にも良くないって思う。こちらの先生にも、高刺激をするなら4回までのIVFが限度(年齢的に40代は)で、それ以降は卵巣機能が急低下かストップしてしまうって。身を持って経験しているわ~!

でも、受胎の世界は不思議な世界。どれが正解で、どれが自分に合っているかは神のみぞ知る世界。だから、マノンさんのその思い、この冬に叶うように祈ってます。

それと近いうちに例の本の概要をUPするね。そしたら、絶対マノンさん、この本を日本に行ったら買って読んでみて!PMS、ホルモンバランス、マノンさんのいろんな症状がこの本を読むと、はっきりわかりますよ。そして何をしたらいいかも、ね。ガンバレ~!って言わせてね。そして、私たちの夢が必ず叶いますようにv-73 

Welcome Back!

マノンさん。ブログ更新待ってましたよぉぉ。何はともあれ、元気そうで何より。パスタで”たぷたぷ”になったお腹、どうですかぁぁぁ?
日本でお正月かぁ。帰国の目的はさておき、ご両親と(だんな様も一緒かな?)日本のお正月を迎えられるなんて、うっとりです。楽しいこといっぱい考えて、指折り帰国の日を待ってください。思いつめずに、楽しむことが一番!
私は、母乳がでない鬱を少し抜け出ることができてるような気がします。相変わらず、母乳はでないけど、3時間置きのパンプ(搾乳)は、眠くてつらいけど、でもって娘の吸い付きは、弱くて、へたぴだけど、ミルク7:母乳3の寂しい状態だけど。でも、ま。いいかぁぁと腹をくくりました。どうやら、ほとんどの人は、母乳で一度は、悩むらしい。母乳。されど母乳!うぅぅぅむ。あなどれん。
それはそうと、先日うちのプータロのだんなさま(日本人ですちなみに)に”もう一人ほしい!”とだだをこねてみました(笑)。賛成の一言は、まだもらってないです。やっぱり体にかかる負担など(お金も。今度は保険がいっさいきかない。。)いろいろ考えないと返事は、できないそうです(ちぇっ)。でも、年明け、2月3月あたりに、IVFのドクターにアポをとり、IVFをしてもらえるかどうか等を相談するつもり。アメリカでは45歳が自分の卵でのIVFのボーダーなので、どうなるかわからないけど、できれば兄弟を作ってあげたい。贅沢な望みだけど、がんばるぞぃ!
なので、マノンさん、一緒にがんばろうね。
風邪ひかないように!

よかった

マノンさん、お久しぶりです。
日本に帰っていらっしゃるのですね。
これからの治療の計画がちゃんとされているので、きっとその通りに進むと思います。
マノンさんは、前回KLCで採卵された卵ちゃんたちはとても優秀なので、今回も期待できますね。
47歳で閉経して、2年後の49歳でミラクル妊娠した女性はKLCだったそうです。
何が起こるか分からないものですね。
陰ながらいつも応援してますからね。
日本ではインフルエンザがもう流行り始めているので、体調を万全にね!

>kilalaさん

お久しぶりです!
そうとうご無沙汰したようですわたし、、(←ボケている・笑)

えっそちらはもう零下ですか!ううっ寒そう、、
こちらはまだそこまでは下がっていないけれど、、、
外に出るとそろそろ耳が痛いです。ん~冬が来た!っていう感じ。

kilalaさんも来年早々、お迎えですね。
お互いに風邪などに気をつけて、今は体調万全にして準備しましょうね!


>鍵コメさん

お久しぶりです!
そちらもお元気そうで、嬉しいです。

やっぱり同じようなこと、考えてらっしゃるんですね、、、
なんだか、嬉しくなったというか、ほっとしてしまいました(笑)
小さなことだけれど、考えると、寂しくなってしまうんですよね、、。

ところで!!鍵コメさんは今、すごくいい調子のようじゃないですか?!
それ、すごくいいですよ♪
わぁ、わたし、楽しみにしています。
40代の場合、完全自然でいい卵がとれることが多い、KLCもそういうこと、言っていました。
きっと、今周期、いい周期だったんですよ。v-221
卵ちゃん、頑張ってくっついてくれるように、応援してますね。
朗報、きけること、祈ってます!

>ユッコさん

ほんとにご無沙汰してしまいました。
あっと言う間に時は流れていた、、(汗)
にもかかわらず、いつも応援の言葉、うれしいです。
ほんとにありがとう!
おお、寒くなるのね、今年は。
では、熱~いお餅を楽しみにして帰ります!
ユッコさんのほうも、かぜには十分気をつけて過ごしてね。


>maiさん

いつも暖かい言葉、ありがとう~!
いやいやほんとに、ご無沙汰してしまいました。
でも、相変わらず元気よ~。
そうね、気温は随分下がってきて、まだ零下にはならないけれど、ここ数日外を歩くと耳が痛い感覚がでてきました。

腹をくくる準備ね、、
多分、まだ真にくくるところまではできていないとおもうのだけど、そういう意識をもっておくだけでも、と思って。
maiさん、執着をしない、というのは、いいことだね。
それはね、理想の形だと思う。
多分わたしは、まだ執着はあるんだなぁ、、
なかなか目線を変えられないので、難しいよね、、
でも、そんな自分も受け入れてやっていくしかないわよね、きっと。

やっぱり刺激でのIVF、負担かかるよね、、
うひーー、「卵巣機能が急低下かストップ」、おっそろしい、、私も、今はFSHとかどうなっていることか、ちょっと恐いです。
閉経後のことも考えて、卵巣はできるだけ大切にしてゆきたいですよね。

確かに受胎というのは、まだまだ不思議なことだらけよね。
あんまりミラクル的なことを当てにする気持ちはないんだけれど・・・ミラクルはやっぱりレアーだもんね。
でも、まあ人生どうなるか解らないものよね。


ホルモンの話し、期待して待ってます!
そうね、治療のみでなく、今後の健康人生のためにも、ぜひこの冬、本を買って読もうと思います。

maiさんもこれから忙しくなるでしょうけれど、体調管理しっかり、、ってmaiさんは大丈夫だとおもうけれど、とにかく、
お互いに自分の体にベストを尽くしてゆきましょうね。
(といいつつ、食べすぎです、私、、まっ青)

来年はどんな年になるかなぁ?
お互いに、楽しみにして夢を捨てないでいきたいですね!


>びっとさん

長いこと更新ご無沙汰してしまって、、!
なのに、ちゃんと気にしてくれていたのね!恐縮!ほんとにいつもありがとう!

パスタねぇ、、ふふ、もうこの食べる幸せをやめられませんわ。
パスタにチーズに生ハムに、、
って母乳あげている人にいっちゃいけないわね。ゴメンネ(笑)
いやあウエストがなくなると、ほんとに老けてみえるものね。(汗)
ダイエットはもう気力がなさそうなので、
ちょっと他のエクササイズ、探してます。(汗)

母乳のことは、いろいろと悩みが多いのね、、
でも、母乳がなかなか出なくても、赤ちゃんがおっぱいに触れている、ということ自体が、とても大切なこととどこかで読みました。
お母さんとの、あたたかいコミュニケーションだものね。お母さん、悩みが沢山あって大変だけれど、がんばって!きっと赤ちゃんは幸せだと思います。

うーんやっぱり兄弟、作ってあげたくなるのね、気持ちわかります。
旦那様、、あはは、なんとなく、治療に進んでくれそうな感じが、、。

そうですね、わたしたち、一般的には、今はもう自分の卵で頑張る最期の段階。
例外ももちろんあるとおもうけれど。
そしてやはりアメリカでも、年齢上限設けて医療側がOKくれないわけね。
びっとさん、可能なうちにまた治療するならば、わたしもまた、応援するよ!
そういう気合をみせてくれて、すごく嬉しいです。
励みになります。
ほんと、頑張ってゆきましょうね!


>モアさん

お久しぶりです。
更新途絶えていたのに、こうしてコメントくださって、ありがたいです、どうもありがとうございます。
お正月に日本に帰るのは、久々なんですよ、すごく嬉しいです。

KLC、そんなミラクル例もあるのですね。
そういう話を聞くと、力をもらえそうな気がします。
しかしすごい話だわ~、、ほんとに妊娠って、、神秘ですね。

いつも、暖かい応援をどうもありがとう。

モアさんのほうも、赤ちゃんのいる生活、かぜをひかないように気をつけて、これからの季節のイベント、親子で楽しんでね。







コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。