FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年07月07日 (土) 07時55分
日本です

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊治療 
カテゴリ : 治療の継続を模索中

日本に着きました。

念願のショウガ焼きはもう早速クリア。(笑)
納豆に甘ジャケの朝ご飯を堪能中です。

飛行機の中で胃腸の具合が悪くなり
朝の機内食にはほとんど手をつけない状態であったにも拘わらず、念願の「成田エクスプレスでおにぎり」は、実行達成。
すごい食い意地だと自分で呆れつつも感心してしまった。


いつものように実家に戻ると母の育てているコンテナの草花が綺麗に咲いていました。
こうしていつものように受け入れてくれる家族が元気でいてくれること、感謝です。
ありがとう。

父は昨年前立腺がんを患って放射線を体内に埋め込む治療を受けました。
今年はそのマーカーであるPSAという数値が0コンマ以下に下がったので、ひとまずは安心圏内に入ったようです。よかった。
これからは継続して検査、観察をしてゆく予定です。


こうして元気で迎えてくれた両親。
まだ自分達の手で管理できている家。

今の幸せに感謝して味わうことが大切、と思いつつも、そう言い聞かせつつも、悲しい気分に駆られてしまっていました、


ほんとうにすぐそこまで、タイムリミットが迫っている。

去年も、一昨年も、不妊治療をはじめたときからどこか「来年の夏は子供と一緒に・・・」という期待と夢を抱いていられました。

今年は、、もうそんな時間も終わったという思いしかありません。
いよいよ覚悟をきめなければならない、と思う。

将来的には、誰もいない実家に帰る、誰もいない実家に一人でいる、ということにもなるだろう。
寒々しく思うけれど、現実・・・。

両親がこうして残してくれたものをひとつも後に継いでゆけないことも、現実の実家を目の当たりにしてリアルに悲しく思われてきます。

子なし人生というものをキーワードにネットで検索してみたりする。

今、わたしは過渡期だと思います。
つらいものを直視して認めてゆかなければならい。

そんな暗く悲しい気分が日本到着時から圧倒的だった今回の帰国です。

そんな悲しいくら~い気分で、きのうの夕方家の裏側の草花に水をやりました。
庭とはいえない、わずかな小さなスペースです。そこに植わった草花や木が水をふくんで青々と香りました。
なんて瑞々しい!
一瞬幸せを感じました。
小さな幸せですが、ありがたい気分になりました。

少しだけ元気がでた気分。

日本で最後の治療を試みたいのです。
でも、彼の気持ちはまだ決まっていない。
採精がもう嫌で仕方ないのです。
もう終わりにしたいって嘆いている。
でも、これが最後だから、、と
日本のクリニックにメールを書きました。
「1回だけの採精で治療をできますか」
1回だけなら、なんとかという彼。
検査などのやり直しになってまた数日病院通いは嫌だ、という。
病院に行くのは1回だけ。

もしそれらのことがクリアできたなら、日本に来てくれるそう。
でも仕事の都合ですぐには来られないのだけど・・。
排卵、2回くらい無駄になっちゃうなぁ。


日本で、といっても、できるのはせいぜい1回か多くても2回かな。
1回じゃ、無理だよ、、というのが本音。
そう思うのが恐くてね。
とてもじゃないけれど、自信ない。

本当は妊娠するまでもうヨーロッパには戻りたくないというのが本音。
現実にはいろいろ面倒なことになるので難しい。
不可能ではないけれどね、、
いろいろと、一方を捨てないとならない状態になるでしょう。


自分の生活、今やっていること、これからどうしたいのか、そういうことをいろいろと考えなくちゃいけません。


向こうにいたときは1回でもいいから日本で治療したい!というのが夢だったのに、
今こうして実現できるかもしれないという段階になると
不安ばかり。

やっぱりネガティブ体質だなぁ私。

とにかく今一番必要なことは自分がどうしたいのか、どう生きてゆくか、という自分の気持ちを理解することだと思います。
子なし、老後ひとりきり、ということも現実的な視野に入れて考えないといけない。これがすごく難しいのだ。

日本で道をみつけられますように。
スポンサーサイト


こんばんわ!

はじめまして!
不妊治療のジャンルからお邪魔させていただきました。
同世代なのかしら?

私はすでに40代です。
しかし・・・年下の主人と再婚の為!
我が子を、主人に抱かせてあげたく・・・
先の見えない治療に6年を・・・

まだゴールはきません。
先月、Ivfに挑み撃沈しました。
原因不明と診断されました。

けど!諦めきれず・・・来月もう一度挑戦が始まります。

私、ぱんだは関東出身で今は、北陸に住んでいます。
今後お話できたら又嬉しいです。

突然ですみません。

日本の生活満喫してください。

えらいですよ!
この決断には勇気がいったでしょうね。
ご主人の気持ちも大事にしつつ、新たな挑戦。
頑張ってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お帰りなさい

日本食、堪能してますね(^^)

ブログを読んで考えさせられました。
私も海外在住組。。。ですが、治療は全て日本。
それは最初から夫婦で話し合い決めた事でした。
それに伴い凍結精子です。採精に関しては協力的な方だと思います。

一人で帰国して、痛い注射や辛い採卵をしていると、
“何故一人で子供を作らなきゃならないの?”
って思ってしまう時もあります。

今回は、注射、採卵、束の間の妊娠、切迫流産で入院、ソウハ手術と全て一人です。
まだ外妊の可能性もあり、泣きたいのに泣けません。

でも、一人では無いのですよね。
夫も子供を望んでいる限りは。


私の友人は、不妊治療が原因で離婚してしまいました。

やはり夫婦があっての子供なんですよね。

私にとっても今後の課題になって行くかもしれません。


マノンさんにとっての良い道が見つかりますように。


子ども「ナシ」の選択♪

全然「アリ☆」ですよぉ!
子どもの居ない人生だって、全~然「アリ!」です♪

ウチも今周期の治療を始める前に、夫婦で“ぢ~っくり”と話し合いました。

夫クン曰く
「夫婦2人の人生も“それはそれで”楽しいと思うし、無理してmmiccaチャンの体を壊すようなことは絶対にしてほしくない!
自然に任せて(ウチは“何事にも理由がある”って思う夫婦なので)『頑張ってもできない』なら、それはそれでイイと思うよ」
だそうです。

マノンさん☆

排卵誘発剤漬けになっても採卵できなかったり、
すごくグレードのイイ卵が採れても着床しなかったり、
着床してもうまく育たなかったり、
生まれてくることができなかったり・・・
「どうして?」って叫びたくなるコト、沢山ありますよね。

でも、明るい方を向いて、前向きに考えましょぉよぉ!(♪)
だって、マノンさん、今まで頑張ってきたぢゃないですかぁ?

日本食と懐かしい風景とに癒されて、少し“ゆっくり”してみてくださいね♪

禅寺とかを尋ねてみるのも楽しいですよ☆
絶対にマノンさんの「道は開ける」と信じてますから!!!



「おかえりなさい」

>ぱんださん

はじめまして。
かきこみありがとうございます。

ぱんださんも長いこと頑張ってらっしゃるのですね。
わたしもいつまでも頑張っていたいのですが、、
時間的に、金銭的に、そして周りの協力の条件などから、やむなくもうすぐあきらめざるを得ません。
望んでいた出口とは全然違う出口を選択せざるを得ないのです。
どう折り合いをつけてゆけばよいのか・・・。
難しいです!!

旦那様の協力、医療の協力があるうちは、どうか
あきらめないでくださいね。

来月、わたしもIVFできるかもしれません。
がんばりましょう!


ブログ遊びに伺いますね。
こちらこそ、よろしくお願いします。


>そばかすうさぎさん

ありがとう。
とうとうここまできたか~という感じもするんです。
ほんとに、ものすごい周りにはわがままいってると思うけれど、、
一生後悔ひきずることなので
行けるところまで行ってやります。
日本でいろいろと考えなくちゃならないこと、満載です。


>鍵コメさん

おひさしぶりです!メッセージうれしいです。
わたしもどうされているかな~って思っていたんですよ。
なかなか苦しいものがありますよね。。。(涙)
でも、こうして頑張ってらっしゃる方がいると思うと、ほんっとに勇気もらえます。

凍結精子についての情報、ありがとう。
だいたいの予想を彼に教えてあげようと思います。
日本のクリニックの解凍技術なら大丈夫と、踏んでおりますが・・。
とにかく来日してもらわないとね!
また近況、よかったら教えてくださいね。
わたしもガンバルよ!

>マミさん

今回はほんとにつらかったですね。
なんでこんなに打ちのめしてくれるかな~って思ってしまいますよね。
でも、マミさんはよく頑張った。
一人で旦那さんがそばにいないのに、おつらかったろうと思います。
ほんとにすごいよ!ここまで頑張って。
未来の赤ちゃんもそのお姿をちゃんと見ていると思うの。

そして、協力してくれる旦那さまとの絆も、ちゃんと、わかってくれていると思います。

外妊じゃないこと、そして一日も早いお体の回復をわたしも祈ってます。


治療が原因で離婚。。
なんだか夫婦関係そのものに問題を投げかけるリスクがありますね。治療って。
でも、これもひとつの契機かもしれない、、、。
そうやって人生振り返ったり自分を見つめ直したり。

後悔しない道をみつけてゆきたいですね。
自分がしあわせと感じられることが大切なんでしょうね、、。


>mmiccaさん


うんうんうん、そうだよね~ぐずぐずぐず。
こなし人生も有り!
まだまだすっぱりそう言えるまでには覚悟ついてないけれど、、
これからもうひと波乗って、いづれは、覚悟つけてゆかねばならないことだわ。

まだ治療の可能性があるうちはね、
逃げ場があるから。

でも「前向き」に考えてゆくこと、覚悟きめてゆくことは、大切なことだね!!
そうだね、「前向き」はキーポイントかも!

禅寺ねぇ、いいかも。
一ヶ所知っているんだよね、ネットでみつけて。
行ってみようかな~。

どうもありがとう!

「ただいま」!
うれしかったよ~~!!!

おかえりなさい。

やっぱり実家は癒されますよね。
ゆっくりしてこれからのこと考えてくださいね。
ウチの主人も、採精嫌がります。
男の人なら誰でも嫌ですよね。
マノンさんのところは日本だし余計ですよね。
でも、よく話し合えば、
きっとダンナサマも分かってくれると思います。
1回だけ、日本に来てくれるなら、
きっと大丈夫ですよ。
治療がお休みの間、
久しぶりの日本を、ゆっくり過ごして
心も体も癒してくださいね!

>ゆっちさん

ただいま~。どうもありがとう。

やっぱり採精をいやがるのは、男のひとなら普通のことなのかしら?
そういった話なんかもしてあげると、みんなそうなんだ、と思って、本人は共感して少しほっとするみたいなんですよ。

治療が実現するまで、和食を多いに楽しんで体作り、してみようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

頑張っているね

マノンさん、
お久しぶり~♪ いよいよ日本で治療を受けることになるのね。とってもいいことだと思う!ばんざ~い!
いろいろ問題がクリアして、治療に臨めることが出来ますように!!!だんなさんの説得がうまく行くといいね。応援してます。

きっとどちらにしても、良い決着がつくと思うの。マノンさん、難しいかもしれないけれど、執着しているときって案外と物事が見えないもの。私も同じ。赤ちゃんが来なくても、来ても、大切なのはパートナーだと私は思います。彼なくしては、子供も授からないわけだし。それに子育てが終わって一緒にいるのはやはりだんなさん。私は、こう自然に思えるようになったときには、あんまり子供に固執しないようになったの。来てくれるなら、とってもうれしい。ぜひ来てもらいたい。でも、授かりものだから、来ない可能性もある。高齢になったら、もっと来ない可能性の方が統計的にも高い。

だから、ちょっと肩の力を抜いて頑張ってみる、って。人生、これが正解、っていう公式はないわけだから、マノンさんなりの方法でベストな状態で日本で治療を進められたらいいよね、って思う。頑張ろうね~!!!どうせ、同じこと(治療)をするなら、前向きな姿勢で行く方が、後ろ向きな姿勢で行くよりもスムーズに行きそう。ホルモンもきれいに分泌されるし、ストレスは不妊治療には大敵!私もすぐにストレスに陥る人間だから、要注意でお互いに前向いて行こう!

なんだか長く取りとめもないことを書いているけれど、マノンさんにエールを送りたいです~!大丈夫。人生、なんとかなる。それを良くするのも悪くするのも、自分の心がけ。前を向いて歩いていれば、どんなにスローでも必ず目的地に着けるから。だから大丈夫。でも一番大切なのは、命をつないでいく子供ではなくてまず自分。マノンさん自身を大切にしてあげてね。そして、それからだんなさん。きっときっとミラクルが訪れると思うよ~ 

大きなことばかり書いてごめんなさ~い。

すばらすぃ~っ!

↑のmaiサンのコメントに感動したぁ~っ!!!(涙)

ホント、ワタシも“そう”思いますっっっ☆
PCの前で「そのとおりっっっ!」て叫びましたともっっっ!

マノンさんもmaiサンも、グレイトですよぉ~っっっ☆(泣)
めちゃめちゃ勉強さしてもらってますっっっ☆(謝謝!)

頑張ってくださいっっっっっっっっっっっっっっ!(激)

私もmaiさんの意見にうなずいて読んでた一人です
全てはマノンさんが元気であってこそです
あまり悲観的にならずに元気出していきましょうよ
私もそうだったけど、悲観的に考え出すと止まらないし。
明るくしてると幸運がやってくるっていうしね
マノンさんにもミラクルはきっとやってきますよ!!

>鍵コメさん
どうもありがとう。
そちらの病院にも一度メール問い合わせしてみたんです。
すごく迷いました。とてもいい病院みたいだし、評判もいいし、、鍵コメさんも見事に卒業されたし。
でもネックは実家からかなり遠いこと、そして、お盆時期にお休みなのですよね。

迷いに迷って、今、KLCに決めかけています。

うちの彼、鍵コメさんの彼と似ています、、文字だけの情報だと、同一人物?!と思うほど!(笑)

今お忙しい出しょうけれど、できるときにはお体、ゆっくり休めてくださいね。

>maiさん

PCが常時無いときなのに、かきこみありがとう~!そしてあたたかい言葉を沢山、どうもありがとう!

いや~なんだかmaiさんの言葉、占い師にもらう言葉やアドバイスのように、勇気と元気が出てくるよ。

大事なキーワード、ピックアップしたわ。

★執着しているときは物事が見えにくい
★大切なのはパートナー
★どうせ、同じこと(治療)をするなら、前向きな姿勢で行く方が、後ろ向きな姿勢で行くよりもスムーズに行きそう
★一番大切なのは、命をつないでいく子供ではなくてまず自分。マノンさん自身それからだんなさんを大切に

キーワード、おおきなヒントになったわ。

まだね、いろいろとずるりと落ち込んでしまうのだけど、、
治療のためにもそろそろ腹をきめられるよう
自分なりに浮き上がらないとね。
でないと、治療が勿体ないよね。

maiさんのほう、現在進行中の治療、いい運に恵まれますように!
強く祈ってるわよ。卵チャン、がんばれ!


>mmiccaさん
ほんとよね、すばらしい言葉をたくさんもらっちゃったわ。嬉しい。
mmiccaさんの元気なかけ声も言葉にも、いつも力もらってます。
いつもありがとう。
mmiccaさんのほうもまさにいま、大事なときですね。
大きく大きく~!!グッドラック!!!!
卵ちゃん、頑張れーー!



>ユッコさん
うん、そうだね、自分に元気があってこそ。
そして、笑う門には福がくる、だものね。
どんなことになっても、それを忘れないで、
落ち込んだあとは笑えるようにしたいです。
もう、ほんとに最後の最後だからね、、
勿体ないので思い切り元気にやってみたいと思いました。

ユッコさんはいつもツボを掴んでいるよね~。
ご自分では意識していないかもしれないけれど、、自然とね。
どうもありがとう!








こんにちは。もう日本なんですね。
納豆食べたいなぁ・・・。

日本での治療、前からやりたいと思っていたのなら、やったほうが後悔しなくていいですよね。きっと。短期だと、すぐに結果を出すのは難しいかもしれないけど、ダメ元って考えたら、気も楽になるだろうし。病院はもう決めたんですか?ご主人が協力してくれるといいですね。

ぼ~っっと露天風呂に入りながら、景色を見てるととってもゆったりした気分になりました。日本の景色が、食べ物が、マノンさんを勇気づけてくれますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>オリーブさん

うふふ、納豆食べたいでしょ?
いま食べまくってますよー。
できることならオリーブさんにもお裾分けしたいな!

そうですね、日本の景色に癒されてます。
東京の住宅街じゃあ、自然といってもたかがしれているかもしれませんが、ちょっとの街路樹や公園、道ばたに植わった草花、それでも充分に癒されます。日本の景色は優しい感じがします。

できるところまで、、頑張ってみますね!


>鍵コメさん

やっぱりそんな気持ちになることがおありなんですね。
子供への思い、これからのこと、単純には思い切れないものですね。
でもできるところまで、、といいつつ、頑張れている今はまだ運があるんですね。

メルアドありがとうございます!
早速メールさせていただきますね!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。