FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月15日 (木) 11時12分
トレンタールという名前の薬

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI 5回目

数日前に主治医の面談に行ってきました。

握手をして部屋に入ったら
主治医、春色のパステル・ブルーの洋服着て、髪の毛もポニーテールっぽくして同じパステル・ブルーのリボン(?うろ覚え)かなにかついていて可愛らしい事。びっくり。
お年はわたしと同じくらいかもうちょっと上だとは思うんだけど・・。

休暇からかえってきて間もないので、まだるんるん気分(古すぎる!)が残っているのね、きっと・・。

ご機嫌もとってもよくて、なんて優しくてやわらかい物腰、なんでも質問して、という態度。
わたしの話もよーく聞こうという態度。

始終優しい声の調子でやわらかい語調で話す。

一通りエコーや採血の処方箋の予定日付を1カ月後に直してもらったら、「次回はちょっとくらい大きい卵胞があってももうIVFするからね・・」とおっしゃる!

げー・・やっぱりもう待ちきれなくなってきたのだな。

毎回こうしてIVFを中止して処方箋を書き直す作業が面倒になったんだろうな・・

あーーどうか頼みますよ!わたしの卵巣さん。
どうか、どうか、、、卵胞のつぶをそろえてください。

今ピルを飲んでいるけれど
なにげに、卵巣に違和感あったりチクチク痛んだりしていて、
いつも、こういう痛みがあるときって卵胞が育っている、という感じがするのよね。。。

まさか、また育ってしまっているんじゃ・・・
あるいは残留卵胞が排卵されず、ピルで潰されもせず、引き続き大きくなっていたりして・・

とか、色々またもやネガティフなことをあとからあとから考えてしまう毎日です。

ああ、どうか次周期、変な卵胞がありませんように。


そして最後にこのやさしい語調、やさしい目をして主治医は私にいう。

主治医「ねえ、、卵子提供は考えられない?」

私「わたしは、それも選択のひとつと思っているんですが、日本の家族が反対していて」

主治医「それはカップルのみの問題なのよ。家族がなんというおうと本人の意志のみの問題よ」


私「そうですね・・・・」


卵子提供かぁ。
資料くらいはもらっておきたいけれど
金銭的にそれを現実的に考えられるようになるならば、その前に、日本に行って治療するわよ、私。。。。ぶつぶつ。

ということは主治医にはもちろん言いませんでしたが。


最後に抗生物質、ステロイド、ビタミン剤などの継続、開始時期を確認されて、もうひとつ、別の薬の服用も確認されてしまった。
その別の薬とは、内膜をよくするといって処方されたものだけど、家に帰ってネットで調べたら、「物忘れが酷くなった」「高齢の老人」「但しアルツハイマーを除く」場合に処方される、「びっこを引いて歩行が困難な場合に服用」などという説明が載っているではないですか!

なんじゃこれーー。
ひどいわーーわたし、いくらなんでもまだ老人じゃないんですけどーー。
「びっこ」ってなんだよーーー?


どうにも違和感かんじて薬を買ったけれどそのまま放ってしまっていた。

前回のキャンセル後、服用する薬について確認されたときこの薬の話はでなかったのでシメシメと思ってそのまま放っておいたのに、、

今回は思い出して(?)話されてしまった。

しかも「今からでもいいから、飲みなさいね!」
と強調するし・・・


そんなに言うなら、、、これも縁だと思って(?)
飲むかしら。。

しかし再度ネットで検索。

つまり、この薬血栓などを治療したり血の巡りをよくするのに使われるらしいことが判明。

でもアスピリンとはまたちょっと違うらしい。


この薬は日本ではトレンタールという名前のようです。


じゃ、飲むわよ、、、よござんすね??

と、遂に服用を開始しました。

いい結果につながるとよいのですが。。。

スポンサーサイト


初めて聞いた~!

マノンさん、こんにちは。
今回の診察はスムーズに行ったみたいですね。でも、エコーが診察室にないのは不便かな~!?これで子宮や卵巣を実際にドクターに診てもらったら、下腹痛のことで余計な心配しなくてもいいのにな~と思いました。こういうことで、医療分担してもらいたくないですよね。でも仕方ないか...

出血したわけだから、ちゃんと大きな卵ちゃんたち、きちんと排卵したと思いますよ。あまりにも大き過ぎて、卵巣から飛び出すときに破れて出血したんではないかしら!?だから、たぶん今度はきれいなスタートを切れることかと思ってます。粒も揃ったらうれしいですよね。揃いますように~☆

そしてトレンタールという薬で、血流がよくなって子宮環境が整えば最高ではないかしら!?初めて聞くお薬ですが、効き目がありそうですね。卵胞の育ちも血流がよくないといけないと聞きました。それなりにドクターは考えてくれているのではないでしょうか。

それでは気をラクにゆったりとして、心身ともに備えてね。応援しているよ~!

トレンタール

こんにちは。マノンさん。トレンタール、私もぐぐってみました。確かに日本では、もう使われていないお薬みたいですね。アメリカでは、主に血流をよくして、内膜を厚くするためにビタミンC、Eと併用して使われることがあるみたいです。誰かのブログで下記のようなコメントがありましたので、コピーします。マジックって、いい言葉ですよね!不安が少しでもなくればと思います。
Trental is a possible infertility magic pill that can help with poor ovarian response, poor uterine linings, autoimmune disease, and endometriosis.
さて、私先日9週4日で産婦人科デビューしてきました。赤ちゃんは3cmまで大きくなってくれていて、順調みたいです。(相変わらず、つわりをはじめ、妊娠の兆候はないんです)Looks good! なんて言いながら、いきなり、絨毛検査(CVS)を薦められて”え?なじぇ?”と大びびり。躊躇を感じとったみたいで、まずはNTと血液検査をすることになったのですが。高齢出産、ある程度覚悟はしていたつもりだけど、いざNT,CVS,羊水検査と言われると、どうしたものかと考えてしまいます。NTは、うんといいウルトラサウンドでするらしいので赤ちゃんの様子がじっくり見れる、嬉しい!という軽い考えでいるんですが、あとで後悔するのかも。。
いい報告ができるといいのですが。。。
マノンさん。残卵胞がなくなり、いい状態でスタートできるよう祈ってますよ。

私も調べてみました

トレンタールで検索してたら「不妊治療mini辞典」とかっていう
サイトがあって、そこに載ってましたよ。
“ビタミンE(ユベラ)とともに服用し、子宮内膜の薄い場合に着床率の向上を期待します。”
って書いてありました。
先生のおっしゃるように内膜の状態を良くするために使われてるみたいだから
服用しても問題ないと思いますよ。
今周期、きれいになっててくれればいいですね。
私も来週には採卵する予定です。
マノンさんも採卵できますよう祈ってますね☆

海外にいると、なんかお医者さんも信用できなかったりして心配ですよね。
でもそれだけ勧めるのなら、飲んでみるのもいいかもしれませんね。
私も最近、がんばってもどうにもならないことは、
周りの流れに流されてみようと思っているので(笑)

卵子提供って、やっぱり費用が莫大にかかるものなんですか?

>maiさん

診察(面談)は以外にも穏やかに済んだので、ほっとしました。
もう最後だからと思って少しは同情してくれているのかな?!(笑)
んでも、しっかり卵子提供を勧められてきたわよ~。

そうなの、エコーをしない不妊クリニックって何よ??と思うでしょ。
分業もここまでくると患者側には弊害とさえ思えます。
生理1日目にエコーと処方されて、アポイントとるでしょ。
でも生理がその日にこないこともあって・・
一日ずれるともうアポイントが満員でとれないことがあるの。
すると必死に別のクリニックを探すでしょ。
そうしたら診察料が130ユーロだった!!とかね。

エコー所見ってとても大切だからその場で主治医に見てもらうのが一番いいよね。

卵巣あたりの痛みはずっとあったので心配だけれど、
排卵してくれていたらいいなぁ。
トレンタール、服用中です。効いてくれるとよいけれど・・

優しい言葉、どうもありがとう!

お互いにいい周期にIVFが重なりますように。e-267

>びっとさん

お忙しいときに検索してくれて、ありがとうーー!
コピーしてくれた文章、ほんとに、嬉しくなるようなコメントですね。
こういうちょっとした言葉がすごく効くときってあります。
嬉しいです。

びっとさんも検索で見かけたかもしれませんが
トレンタールは、日本では脳梗塞の治療に効果が認められない、という理由で1999年に発売中止されたそうですね。

さらにぐぐったら、発売中止になった薬が
ひょんなことで、別のことに有効であることがある、自然にはまだまだわかっていないことがある、
臨床においてはトレンタールは下肢の麻痺をとるのに一番効果が出ていたのに、という文章を見かけました。

どこからどこまでが信憑性があるのか私には知る由もないですが
下肢の麻痺をとる→卵巣まわりの血流をよくする、
ということも期待できるのかも、、と思いました。

びっとさん、産婦人科デビューおめでとう!
あともう一息で安定期ですね。
なんて早いのでしょう!
でもご本人にとっては不安と戦う長い毎日だったことでしょうね。。

羊水検査、来ましたねーー・・・
これもまた、私達高齢女性にとって避けて通れない問題ですよね。
皆さん、ほんとに想像以上に悩んでらして・・・

検査に対して、ひとそれぞれ考え方や感じ方は違ってくるでしょうが、
後悔しない答えを出してゆけますように。

うんといいウルトラサウンドというのは3Dとかなのかしら?
エコー画面でもある程度は赤ちゃんの状態わかるらしいですね。
赤ちゃんを見られるの、楽しみですね。

いい報告、待ってますよ!

わたしのほうも次回はIVFスタートできるといいのだけど・・
どうもありがとう!


>姐さん


ぐぐってくれたのね、ありがとう。
ユベラではないのだけど、ビタミンEをとりつつ、
ちょっと期待したいと思います。
やっぱり血流は重要なキーポイントみたいね。
だから鍼も効果があるのよね、きっと。

ほんとにねぇ、、、次周期、卵巣状態はどうなっていることやら・・
もう、家にエコーがあればいいのに!なんて思ってしまいます。(笑)

次周期は一緒の時期だものね。
ほんとに、お互いに、いい調子でゆけますように。
祈ります・・・!

トリプル、神様お願い!e-267

新しいお薬

マノンさん、こんにちは。
そちらのお医者様は日常生活をエンジョイして生き生きされている感じですね。
マノンさんのオシャレな文章にいつも読み入ってます。

新しいお薬に挑戦ですね。
飛躍的に卵巣機能を上げる効果のあるホルモン剤「エストレース」っていうのも日本のドキュメンタリードラマの中で紹介してました。
ご存知だったらごめんね。

どうかどうか、採卵できますように。

>オリーブさん

主治医への不信感は、、、どうにもストレスになりますよね。
でも、結局自分じゃどうしてよいか分からないときには、最後は主治医に委ねるしかないですね。

いろいろ調べてみると、まあよさそうだったり、、なんてこともあったり、、、、(笑)(汗)

卵子提供は私も、具体的に調べていないので金額は知らないの。でも、相当かかるという話は聞いています。
相当というからには、、、相当なんだろうな。。って分からないよね。(笑)
100万くらい?(←全くの想像です!)

卵子提供は、現地の掲示板みていると、皆スペインに行くみたいです。
主治医もスペインって言っていた。
アメリカや韓国に行くよりは安くなりますね。


>ラナさん

こんにちは。
主治医、エンジョイしているでしょうね、、って傍目から見ただけではその人の人生わからないとは思いますが、、少なくとも、おもしろうそうにしている。(笑)
子供もいるみたい・・。

新しい薬、飲んでます。
期間が数ヶ月かかるらしいので
ちょっと遅かったかもしれないけれど。。
全く飲まないよりはいいかな??!

エストレースって初めて知りました。
早速ちょっと検索してみたのですが、
なんだか効果が上がりそうですね。
できるならわたしも、使えるかどうか
もう少し調べて、主治医に聞いてみようかと思ってます。
貴重な情報、どうもありがとう!v-348
いつも暖かい一言で勇気付けてくれて、ありがとう。
ラナさんの一言、いつも効きます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。