FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月30日 (土) 23時40分
2007年に向けて・・・感謝と目標

今年は不妊治療を通して、
そのために始めたこのブログを通して、
沢山の方々とネットで出会い、
交流を通じて沢山のことを学びました。


お付き合いくださった皆様、お世話になり、ありがとうございました。
そして、来年も、どうぞ宜しくお願い致します。 

みなさま、今頃は大掃除、おせち料理、新年への準備で大忙しでしょうね!
きれいすっきり、そして平和に、新年をお迎えくださいね。





次回のIVFに向けて ---少なくとも当分は、これを最後に治療の可能性は遠のくことになることでしょう--- うまくいくことを望んで祈る反面、やはりどうせダメかもしれなから・・という不安もかなり大きいので、無理しないで両方の不安と期待を共存させていこうという考えでいました。


でも、道を歩きながら、それは、果たして逃げなのではないか?と考え始めました。

自信がないから、不安だから、逃げる、→ 無理しないで・・に「すりかえる」?

わたしは、どちらかというとネガティブ思考派で、ここぞ!というときに弱い傾向がありあます。

でも、幸せは、自分でつかみ、造るものです。

もちろん、100パーセントそうは信じてはいません。
運というものも、信じています。

でも、自分で掴む、という部分もかなり大きいのではと、思うようになりました。
少なくとも、そういう選択の自由を人間には与えられている、と信じるほうです。


わたしには、なかなか赤ちゃんが授かりません。
若いときには望んでいませんでした。
もしかしたら、もともと授からない傾向の運を持っているのかもしれません。


こんなトシになって、授かるのが難しい年齢になって、そこをダダをこねて「いやだいやだ、子供が欲しいんだ!」と無理を言っているわけですから、これは、相当神様に努力していること、欲しいという意思を、示さなければ、ならないでしょう。

とすると、やはり、努力しないと。

そして、ネガティブ思考も、これを機会に、少しは変えてみたらどうだろう?

と、思いました。


そんなことを考えている折に、なんともいいタイミングに、ブログ友達のmaiさんからビビビッとくるお言葉を頂きました。

>考えていたことが現実になることがかなりあるので、ちょっと怖いときがあるのね。だからいいことを考えるのは自分風のお守り!


ネガティフに負けない、ポジティブ思考をこころがける、これは、ひとつの幸せへの条件、そのための鍛錬なのかもしれない。
こんな気分もあって当然と、ネガティフに流れを任せてしまっていたのは、ただの甘えだったのよね。
ネガティフに負けてはダメなんだ。

そう自分のなかで意見が一致しました。

maiさん、ありがとう。

そして、もうひとつ、別のサイトで見かけた言葉がとどめを刺すように、わたしの心に響きました。

それは以下の趣旨の言葉です。

「悩みを持っている人も、暗くうなだれてる人も、
必ず良い事が起きると信じて頑張れ。
でもそうなる為には努力を惜しんでは実現しない。
小さなことでいいから何か始めよう!」


わたしの無理なお願い、「子供を授けてください」。
子供を授かる人生を私は選択したい。
だから、自分にできる精一杯の努力をします。
ネガティフ思考に負けないポジティブ思考をするように、鍛錬してみよう、自分を変えてみよう。

これが新年に向けての、わたしの目標になりました!





きのう、血液検査や精子検査の結果を持って、主治医に会ってきました。

今回生理が大幅におくれてずれたこと、そして1月はかなり用事が立て込んでいてラボに頻繁に足を運ぶことができない恐れがあるので、2月にしたい旨を申し出ました。

処方箋をちゃっちゃと書いてゆく主治医。

でも「卵巣抑制」の薬の処方がでないこと。
やたら「人口受精」の言葉を繰返す事に???となり
主治医に確認すると、

「IVFじゃないわよ、人工授精よ。IVFはもうダメ、やらないわよ。」の言葉に雷に打たれたようなショック!!!

どうして?!だって前回は「次回は最後のIVF」とおっしゃったじゃないですか!

「言わないわよ、人工授精が最後よ、と言ったのよ」

「いいえ、IVFとおっしゃいました!」

「言いません!IVFしたって、無駄でしょう!」

あまりにも主治医の態度が堅強できく耳を持たない。

そこで彼が助け舟を出し参戦してくれた。「いいえ、あなた言いましたよ、確かに聞きました、IVFについての予定を話しましたよ」

主治医「ええ、言わないわよぉ~~・・・汗」と言いながらガサガサとファイルを繰る。

と・・「あっ!本当だわ!私、採卵、ET予定、などと、メモしているわ・・あら、ゴメンナサイ!」

冗談にしては性質が悪すぎるよぉぉぉ~~!

ほんとに、わたし、泣きそうになりました。

いきなり、生きる希望をばっさり唐突に切り捨てられたような気分を味わいました。

その後も何度も謝る主治医。

「ほんとにごめんなさいね~。」
「でもね、本音としては、私はまったく期待していないのよ。まず無理だと思うわ。お金を捨てるようなものよ。体にも負担をかけて。そのことがとても残念だと思うのよ。ムダなことをして・・・」

「でも、日本では45歳の方でもIVFに成功していたりします。わたしは、希望をもちたい」

「それはごくマレなケースよ。あなたのケースではまず望みはありません。」


んぬぬぬーーー・・・そこまで言うか~~・・・


と、あーだこーだ言いながらまた最初からIVF用の処方箋をちゃっちゃと書いてゆく主治医。

すると、それはショート・プロトコールだった。

低刺激というのは「人口受精」用だったのか。
やはりこの国では、低刺激・中刺激でのIVFなんていう高度なことは、できないし、知らないらしい。

ま、ショート・プロトコールなら私も慣れているし、前回の怪しい(苦笑)ロングプロトコールなんてものよりよっぽど良いわ。

で、結局、2月予定のIVFは、HMG450単位というハードな刺激になります。

「DHEAも飲んでいますから!」
というと、
「まあ、あなたってアバンギャルドね。」
なんだそりゃあー。
「つい最近の論文ではね、ほぼ改善は認められなかったという結果が出ていたのよ。飲んでも効果はほとんどないわよー」

それって、、25ミリグラムしか飲んでいないんじゃ?
日本では75ミリ飲んでいるよ?

DHEAについては私は今のところ主治医の言葉には聞く耳もたず、の姿勢で服用を続けてゆこうと思います。

そろそろphysiologics社のがなくなるので、ネットでNatrol社のものを注文しました。
届き次第、一日3錠開始する予定です。


高温期が短いので、プロゲの膣座薬も一日一錠なら大丈夫、という主治医の確認をとり、高温期にはじめました。

プロゲクリームが話題になっていますが、ワイルド・ヤムから造られた自然のプロゲ、といっても、プロゲに似ている形質のもの、ということで、プロゲであるわけではありません。

また、このプロゲクリームの購入がどうも難しかったということと、膣座薬はホンモノの自然のプロゲということから、膣座薬を使う事にしてみました。

Natrol社からはこのホンモノの自然のプロゲ(マイクロ化プロゲ)を含んだプロゲクリームもでているようです。

いつか試してみようかな?もう少し、いろいろと調べてみてから。


あれだけこき下ろしながらも、最後に主治医は、

「まあ、わたしの患者さんでもね、43歳で妊娠・出産したひとがいるのよ。お金ももう続かないし、これが最後のIVF、と言いながら、その最後でね、しかも双子だったの。」

「でも、彼女の場合は あなたとは違って4個、5個と卵がとれていたからねー」

失礼な~、余計なこっちゃ。
聞く耳もちません、私。
私だって・・・私だって・・・頑張って見せるわよ!

しかし、この主治医のもとでのIVFで出産できた高齢の患者さんがいたのね。。まるきりヤブというわけでもないのね、、とちょっと安心?!

またもや主治医

「公立病院でもね、彼らは数人の医師のチームで相談して何でもを決めるからね、患者さんの資料をよーく調べてから治療するかどうか決定するの。
で、ムダっぽいけれど、まあ、最後の最後ということで、やってみますか、と言って、IVFしたら、成功した、ということもあるのは事実よね。といっても、公立病院では42歳以上の患者さんはいないけれど・・・」

でしょう~~、43歳以上の症例なんて、まったく扱ったことがないのよね、だから、技術も進まないのでは?!

まあ、なんだかんだといって、主治医には人間的なところがあるのは確かだと思う。



ということで、来年2月、最後のIVFに挑みます。

自分に、グッド・ラックです。





長くなりましたが・・

重ねて、皆さま、どうぞよいお年をお迎えください
スポンサーサイト


よいお年を^^

今年もあと1日となりましたね。
マノンさん、主治医とかなり戦ってますね。
その調子です! 負けてはいけません!(笑)
来年はマノンさんの納得のいく形で過ごせる事をお祈りしてますね。
私も次の採卵は2月にすることにしました。
また同じ周期で始動なので頑張りましょうね。
今年はいろいろとありがとうございました☆
よいお年を~~♪

私も。。

はじめまして。アメリカに住む44歳のびっとと申します。私は去年の夏に初めてのIVFに挑戦し、撃沈し、この1月に2度目のIVFを予定しています。高齢でIVF、そして海外での挑戦とマノンさんと状況がにているので、コメントしています。
私も、若いときは仕事に夢中で、子供のいる自分を想像することができませんでした。数年前の父の他界から、はじめて、血、家族という意味。人間が生まれてくる意味などを考え子供がほしくなりました(宗教的ですが、宗教ではありません)。
1月は、私もショートプロトコルで、Follistim 600という、限度を超えたドースになります。(といっても夏も同じプロトコルでしたが)主治医をは、戦うとまではいきませんが、こちらから自身の卵でIVFをお願いしているという状況です。(ドナーエッグを強く勧められました)
どうぞ、体調を整えて、2月のIVFをお迎えください。ストレスをためないように。
よいお年をお迎えください!

新たな決意でGO!

マノンさん、
なんだかキラキラしているよ~☆
で、なんだか恥ずかしいです、(ブログに)私が出てきて...でしゃばりなことばかり言っているヤツですが、来年もどうぞよろしくお願いしますね~!

だんなさん、大切なときにきちんと言ってくれるので、頼もしくていい方ですね。良かった!鶴の一声っていう感じで、主治医の先生も聞いてくれたんでしょうね。でも彼の国の人たちって、1度自分がそうだと思ったら間違えていてもそれを通そうとするので、本当にラッキーだわ~♪ これはいいことが起こる一歩のような気がする!

2月までに心も身体も準備してくださいな~♪ 心はリラックス!身体は血流が良くなるように。冷えないように身体を温め、適度な運動(家でストレッチでも、あるいは骨盤体操でもなんでも)で身体の血流を良くしてみてね。子宮とか卵巣は一番血の巡りが大切な臓器なんですって。血の巡りが悪いと、着床もしないし、第一、卵もきちんと育たないんですって。そして、ストレスも卵巣に良くないので、自分で楽しくなることたくさんしてね!

そうそう、私も教えられましたよ。子供のときに。もし何か欲しい物(願望)があるのなら、神頼みだけではダメと。まず自分で努力して頑張ってみること。そしてその上で神様(あるいは仏様、あるいは何か)にお願いしないさい、って。そうすると、自分の精一杯努力しても足りない部分は神様なり何なりが補ってくれるそう。 ただ、それが自分が思っていないときに来たり(来なかったり)するので、タイミングがずれたりして「やはりやってもダメなんだ~!」と思って辞めてしまうのが一番よくないって...でもね、すべての望みが叶うわけではなくて、自分で精一杯努力しても、もちろんかなわないこともある。そのときどれだけ感謝の気持ちでそれを受け止められるかが大切と教わりました。 

でも教わっただけで、ほとんど使わずじまいだったけれど、このトシになって少しずつやっとその意味がわかってきたような気がするの。

そして、アメリカの大学で心理学を専攻したときに習ったのが『Self-Fulfilling Proohecy』(自己の中で叶う予言=自己実現)という専門用語。ちゃんとあるんですよ~ 自分で言ったり考えたり、信じていることはそのまま起こる現象です。それもネガティブに使われることが多い傾向が...例えば、「どうぜ私は...」とか言えば、必ず潜在意識の部分がそれを憶えていてそれを自己実現してしまうことがあるっていうことらしいです。だって人間の意識の部分ってたったの5%、あとの95%は潜在意識でしょ!?

また長々と書いていますが、私もネガティブな面があるし、やはり気が弱い(!?)面もあるのでマノンさんと同じ!でも、少しずつお互いに変えて行きましょう~~~ 来年はみんなの希望が叶う最高のトシとなりますように~!!! では私は今からテニスに行って、今年の厄を払ってくるぞ~!(ちょっと違うって???)でもラケット振り回したらなんとなく、スッキリしそう!

姐さん

いよいよもう、2007年まで、24時間を切ったよ~。

主治医と、戦いになってしまってるんでしょうかね?!
毎回、色々なことで必死にならざるを得ない状況ということなのでしょうね、、改めて、、。
そうよね!
もうここまできたら、、一生に今だけしかできない戦い、頑張るわ!

おお!同じ時期2月にお互いに採卵ですか!!
なんだか嬉しい~。
お互いに、その時まであと約1ヶ月、体作り、卵作りによいことに励みましょう!e-319

今年は沢山の励ましと応援をどうもありがとう。
お陰で何度気分が救われたかしれません。
いろいろとお世話になりありがとうございました。

姐さんも、ご夫婦揃ってよいお年をお迎えくださいね。e-266

来年もまたどうぞ、よろしくお願いします。e-267

びっとさん

初めまして。
書き込みありがとうございます。

アメリカでの不妊治療も、いろいろと大変なことが多そうですね。
卵子提供は、わたしも勧められましたよ~。
前の病院でも今の主治医にも。
わたしもそれを押し切って、お願いしました。
そんなに簡単に、まだ排卵しているのに、あきらめきれないですよね。

わたしも、この年になってひしひしと、後世に繋げる、いうことについてj考えるようになりました。
若かった時は、それもかなり長い間、そんなことは思いもよらず、好きなことばかりして、自分のことしか考えていませんでした。

今、しみじみと、親にしてもらったこと、親から授けてもらった色々な機会、可能性、思い出、それらを思うと感謝の気持ちで一杯になります。
そんな小さな一家の歴史を、継いでいってくれる新しい世代がいてくれたらどんなに幸せだろうと、昔だったらおもいもしなかったことを、今やっと思うようになったのですね。

お互いにあきらめずに「次世代につなぎたい」という思いが実現すると信じて、頑張ってゆきたいですね。

Follistimって100パーセントFSH製剤ですか?遺伝子組み換えの?
違っていたら、ごめんなさい。
600単位って、聞いた事あります。
やはりアメリカも、ガンガン刺激しますね。
びっとさんの1月のIVF、いい卵が沢山できることをわたしもお祈りしています。

よかったらまた、どうぞ遊びにきて下さい。
2007年、お互いに素敵なプレゼントを授かれますように。e-265
がんばりましょう!e-267

びっとさんもよいお年をお迎えくださいね。

maiさん

えへへ、、ごめんね~~勝手にブログ記事に出してしまって・・e-281

どうしても、すごく鍵になった言葉だと感じたので、自分のページにも、残しておきたかったのです。
どうぞお許しください~。e-417

主治医、あのときは、もうすごい強固でね、こりゃダメだ、、と一瞬あきらめかけました。
彼も、こりゃダメかもと思ったようです。
そうそう、彼らはそういうところ、恐ろしいくらいに頑固よね。
主治医は、「ごめんなさいね」、などという言葉が出る人種で、助かったわ。e-263


血流!そう、これもキーポイントのひとつだった。
どうもありがとう。
着床もしなければ卵も育たないなんて、想像以上に大切なのね、、、血流って・・・!
ストレスは、体ではなかなか感じないだけに、下手するとストレスため放題しているのかも。
難しいけれど、頑張ってみるわ。e-319

maiさんが子供時代に受けたその教え、すばらしいですね。

>すべての望みが叶うわけではなくて、自分で精一杯努力しても、もちろんかなわないこともある。そのときどれだけ感謝の気持ちでそれを受け止められるかが大切

という部分は一番難しいことかもしれませんね、私達、願望だらけの人間にとって。

しかし、達観した、それも自然に流れてくるような言葉ですね。。。

これからの私にとっても指針になりそうです。
ありがとう。e-418


そう、意識というのは氷山の一角なのよね~。

『Self-Fulfilling Proohecy』(自己の中で叶う予言=自己実現)という言葉は知りませんでした。っても専門用語だものね。

ネガティフに使われる場合が多いって、、なんだかそれ、納得できるような気もするわ~・・
というのもね、ネガティフって全部ではもちろんないと思うけれど、大概防衛の意識からきていることが多いのではないかと思うの。だからとても強いのかな、必死かな、と。
ネガティフは根強そうなので、やはりポジティブはがんばらないといけないのね。。e-271
歪んだ形ではなく、できるだけ素直な形で自己実現できたら、いいですね。

いやほんと、人間の心っていうのはすごく不思議なものらしいから、どう出てきてなにを実現するか、わからない部分ってあるよね。

うーーん・・・そうすると、、やっぱりリラックスタイムは大切?
リラックスした状態で心に話しかける、、
一日の最後にそういう時間を5分でもいいから、持てるようすることは、大切なことかもしれませんね。e-267

いやーなんだかすっごい沢山のヒント、そしてアドバイスを、どうもありがとう!e-414

あはは、ラケットを振り回すって、よさそうじゃない!
お相手がいての運動というのも、すごくよいと思うわ。
体にたまったいろいろなもの、きっと振りハラってこれるよ!
でもかぜには気をつけてね~。e-448

来年は、みなで幸せ掴みましょう!e-415e-420

またまた、魅惑的なスキンになりましたね。
マノンさんのブログに来ると、夢見心地の気分になり、とても落ち着きます。

43歳は、まだまだいける年齢ですよ。
日本では、芸能人の高齢出産が話題になっているけいか、世間でも「46,7歳までは子どもが生めるもものだ」と思われています。
先日、閉経後の50歳の方が何回かのIVFに挑戦して、妊娠・出産された記事を読みました。

「自分には絶対に赤ちゃんが授かるんだ」という信念を持って、次のIVFに臨んで欲しいです。
そう、「絶対に!」

ステキな彼と良いお年をお迎えください。

私も「精一杯頑張らないとこのまま諦めたら絶対後悔する」と思って頑張ってきました
マノンさんも頑張って下さいね。
そしたら幸運がやってくるかもしれないですから
「大丈夫!!きっと上手くいく!!」を合言葉に
ずーっと応援していますからね

今年もお世話になりました
来年もきっとお世話になると思います(笑)
来年もヨロシクお願いしますね

ラナ さん

またあっと言う間にスキンを変えてしまいました。ごめんね!(笑)今のところ、お正月バージョンで。v-533

信念をもって・・うん、そうですね!
今年は、そう心がけるようにしたいです。
ラナさんに言ってもらうと、余計に、パワーがあるように思えます。
ありがとうございます。

ラナさんも、暖かくして、赤ちゃんと相方さまとゆくりお正月をお過ごしくださいね。

ユッコさん

うん、そうか、精一杯ね、わたしも頑張ります。v-533
応援ありがとう。合言葉、心強いです。
その合言葉、唱えます!

幸運をつかめるように、ガンバリマスね。

こちらこそ、昨年はお世話になってありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いします。e-68

あけましておめでとうございます!
昨年はいろいろありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

実は、昨年から訪問していたのですが、
未熟者でして、前のテンプレートにコメントを入れることができなくて
年が明けてしまいました。
スミマセン・・・

私、ワイルド・ヤムクリームというのを使用しています。
マノンさんの言われてるクリームとは違いますが、
少しでも体を整えようと思って・・・

今年も力まず行きましょうネ。

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

私、高校生の頃、好きな男の子がいたんです。
クラスも違うし、話しかけるきっかけもなかったんだけど、
彼と一緒に歩きながら、家まで送ってくれることをずっと想像してたんです。そしたら本当に夢が現実になって・・・。

そんなことを思い出しました。

今年もお互いによい年でありますように!

そばかすうさぎさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


あのテンプレート、コメント欄に不具合があったのですね。
ごめんなさいね。
デザインは好きだったんですけれど使いかっても悪くて・・。
なにやら機能は沢山あったらしいのですが、使い方が解らないし。笑


ワイルドヤムクリームって、つまり自然のプロゲクリーム、といわれているものですよね?
使い心地はどうですか?
周期を整えたりするにはいいみたいですね。
プロゲを補うのは(ヤムの場合はプロゲと似た形質?)
体にもいいことのようです。

今年もお互いにそうですね、力まずに頑張ってゆきましょう。
ありがとうございます!

オリーブさん

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

想像・・・イメージするってことですよね。
力があるものなんですね~。
夢が現実になったとき、すごく嬉しかったでしょうね~!
すごいな~・・!
あ~でも、なんだか可愛い。素敵な思い出ですね。

よし!
わたしも、ラブv-351なマイ・ベイビーちゃんを想像してみます!

オリーブさん、いつもキラリv-353なヒントをありがとう。

Follistim

マノンさん。お返事ありがとうございました!そして、新年明けましておめでとうございます。
はい。Follistimは遺伝子組み換えを利用した100%FSH製剤です。(これがとてもお高い。。)私はそれを午前午後300UIづつ一日600UI注射します。それプラス、menopur というHMGを1 amp(75UI)注射します。今回ドクターにantagonistでのお願いを試みましたが、反対されました。同じ、ショート法でも、マノンさんとは、違うのが興味深いです。
また、お邪魔させてくださいませ。
素敵な、年になりますよう。(きっとなりますよぉぉ!)

びっとさん

あけましておめでとうございます。

かきこみ、ありがとうございます!
Follistimはやはり、100%FSH製剤でしたか!
わたしも、初めてのIVFでそれを使いました。
そう、すっごく高いですよね。
今わたしが使っているHMGは、やはりその、menopur なんですけれど、menopur の倍はしますね、Follistimのお値段。量もマックスで消費が激しいから、もう合計金額に目が飛び出ちゃいましたよ。
幸い当時はまだ保険でカバーされていたので使えましたが・・・。

menopurはFSHとLHが1対1のHMGですね。
びっとさんは、きっと卵巣年齢が若いのでしょうね。
わたしは、もうLHも入っていないと、ダメみたいです。
FSH製剤とHMG少量を混ぜるのは、刺激方法をとても工夫されているのしょうね。
うらやましいです。
刺激方法を工夫されている話をきくと、そういう医師はIVFの経験も沢山あって、患者さんの状態によっていろいろと吟味しているんだなぁといつも思うんです。

うちの主治医はmenopurマックス量、の一点張りで、、、トホホな。。。

びっとさん、今月のIVF、いい結果がでるように、祈ってますよ。体づくりなど色々と、頑張ってくださいね。

ですね、今年は、きっと素敵な年になる。
お互いにね!

どうぞいつでもいらして下さい、お待ちしています!e-418

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。