FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月29日 (金) 05時26分
おとうさんたち

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI撃沈後の日々

今年もいよいよあと3日。

ドキドキ・・・


1ヶ月くらい前、ふと今年を振り返ってみて、
「ああ、今年も、結果は出なかったなぁ」と思うと
悲しい気分になってしまった瞬間があったなあ。


でも、今はもうかなり大丈夫。
沢山のブログ仲間と交流させてもらって
たくさん勇気をもらったことは大きかった。
お陰でまたヤル気を起こすことができました。

また簡単にあきらめられるものでもないですね、やはり。。。

2007年はいい年にしたいですね!


今年は、父の前立腺がんが発覚しました。
その後、父は放射線治療を選び、小さな放射線を出すチップ?のようなものを手術して患部に埋め込みました。
手術自体は数時間で終わり、4日ほどの入院を経て家に戻り、今は経過をみながら仕事を続けています。
次回の検査で数値が下がり、結果が良好であることを願うばかりです。


父のことがきっかけとなり、色々ながん関係のサイトを調べていました。その中で、父と同じ前立腺がんの方たちが集う掲示板をみつけ、よく読むようになりました。
やはり前立腺がんに罹るのは、60歳以上のおとうさん世代が一番多いので、その掲示板を読むことは、まるでおとうさんたちの会話をのぞいているようでもあります。

治療や病気の経過などについて貴重な情報があるだけではなく、彼らの家族の話、仕事の話、人生観など、とても興味深く、おもしろく、ついつい、巡回するようになっています。

前立腺がんは、急性のがん等に比べれば進行がおそく、治癒率も高いそうですが、発見が遅い場合にはかなりの覚悟が必要な状況になってしまうそうです。

いずれにしてもまだ、社会で活躍されている方々がほとんど。
全摘手術後の後遺症に悩みながら、あるいは放射線治療の後遺症に苦しみながらも、皆さん精力的に仕事を続けておられる様子です。


さて、彼らはおとうさん、おじいちゃん。
孫の話題がありました。

ある方の娘さんが出産された。

その方の書き込み、

「みちゃった、みちゃった、孫の顔」

とても、とても、うれしそうでした。



この言葉ほど私の胸をついたものはなかった。

世の親達にとって、孫の顔をみるということがどんなに幸福なものであるか。

それが、改めて、ひしひしと伝わりました。


私も、父に、その幸福を味わわせてあげられたら。。。


その思いだけで「もうあきらめよう」と落ち込んだ気持ちを、再び奮い立たせた、ということがありました。


来年は、このブログを読んで下さっている皆さんにも、そして私自身にも、沢山の慶びごとが訪れますように。

そのために精一杯の努力も致します!



今年の夏に家族でお伊勢参りをしました。

まずは、今年一年家族共々健康でいられた事へのお礼を申し上げます。

ということで、伊勢神宮の写真をここにアップ


内宮への入り口です。

内宮へは、ガイドさんつきの早朝参拝をしました。
この写真は朝6h30ごろです。

伊勢神宮 内宮


式年遷宮のときにはここに新しい正宮がたつそうです。


伊勢神宮 祠




お正月は、お雑煮を作って、インターネットで参拝です。
便利な時代になりました。

所詮はネット上ですが、、
少しだけ気分はでるでしょうか。


http://hometown.infocreate.co.jp/kinki/ise/jingu/jg.html


実家では新年はお寺に出かけます。
そのお寺のサイトも探してみたらあるかもしれない!?ですね。
スポンサーサイト


大変お世話になりました~!

マノンさん、
私もBittersweetな1年でした。Bitterなことはたくさん思い出せるんだけれど、Sweetなことってなかなか...悲喜こもごもってやつですね。^^; でも人間的にはちょっと成長できたかな~ それはSweetなことだわ~ 少なくても。

お父様の病気のこともあり、マノンさんもたくさん考えることもあったことでしょう。元気な両親がいてくれることは心の支えになりますよね。来年はマノンさんのご両親にとっても実り多い健康な年となりますように~!

伊勢神宮はやはり清々しいなかに尊厳なものがありますね。
私もさっそく今日、おそばとお雑煮の具を探しに行って来なくちゃ!ここでは紅白が見れるので、今年は外出せずにそれをみて過ごそうと思って...でもこの近くに除夜の鐘をつくところがあるので、それにも心惹かれるけれど、人出がすごいと思うの。それにとっても寒いしね。今は零下の世界だからわざわざ冷えに行く必要もないかと...

では今年はマノンさんと知り合えてうれしかったです。そしてお世話になりました~!どうぞまた来年もよろしくお願いしますね♪ では良いお年をお迎えください☆

maiさん

そうだったね、沢山悩んだよね。

もう少し時間が経ったら、それらも大切なベースになっていると、わかるかもしれない。
2007年はお互いに、2006年に経験し、悩んだからこそ、その結果と答えを出せる!と信じて、わたしたちにとって素晴らしい一年となるはず!の2007年を、迎えましょうv-349
そう、きっとSweetになるわよ~v-345

両親が元気でいてくれる、ということはとても贅沢なありがたいことだと私も思います。v-350
そのことだけでも、感謝ですね。

伊勢神宮はほんとうに厳かな自然に囲まれて、清清しいですね。
特に内宮は、美しかったです。
2000年の歴史を経て存在しつづける聖域、というのが日本国内にあるということ、私達にとって財産ですね。

お雑煮の具が調達できるのはラッキーね。
わたしも元旦はお雑煮作るよ~。
除夜の鐘、いいなぁ~。
それはぜひ、つきにいきたいでしょう~。v-353
しかし零下って、、ソウルってそんなに寒いのね!
零下で順番待ちが長かったらちょっとねぇ、、、凍えてしまうわね。
いろいろ外出も多くなる季節なので、かぜをひかないように、気をつけてね。
わたしも、遠くで聞こえる鐘の音、(つまりいつも寒いから家にいるパターンでした。笑)聞きたいなぁ。

こちらこそ、大変お世話になり、ありがとうございました。
2006年、maiさんにはたくさんのインスピレーションをいただきました。
どうもありがとう。出会えて、とても嬉しかったです。

どうぞ、maiさんたちご夫婦揃ってよいお年をお迎え下さいね。e-415
そして、来年もどうぞ宜しくお願いします。e-420

2007年、お互いに沢山の慶びごとにめぐまれますように!e-267

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。