FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月27日 (水) 09時18分
2007年に向けて・・・

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI撃沈後の日々

う~~ん・・・。

最近、ちょっと思うところがあります。

それは、わたしのブログのタイトルについて。

わたしはあまり幅広くブログのリンク活動をしているわけでもないし、
日々、巡回するお友達のブログはだいたい決まってきているし、
だから、そんなに沢山のブログを読んでいるわけではないです。

興味のあるブログは沢山あるのですが、、

そんな私の、狭いブログ生活の中で感じることなので信憑性はないかもしれませんが、

思うのです、最近。


「めでたく妊娠されている人達のブログタイトルは、赤ちゃんが来ることを信じているような、予想しているような、どこかポジティブな感じのするタイトルだ」


そういうのは、もしかしたら、故意にタイトルをそうしているのではないかもしれない。どこか、心の底から自然にでてくるインスピレーションがあって、無意識に、タイトルに現れているのかもしれない。

だとしたら、今のわたし、全然ダメなのよね。


なんだか後ろ向き。自分に赤ちゃんができる、なんてこと、なんだか想像できない。。。
治療ももう、なんだかいやになったな~。
キリキリと心配ばかりして、血液検査とエコーに振り回されて、体力消耗して、、あ~、なんだか、いやんなった。

赤ちゃんができる、という、信念がもてない。
やっぱりダメじゃない?私。という感じ。



しかし、そこをぐぐぐっとガマンしてですね・・・

あともう少し、踏ん張れよ・・と自分に言って聞かせてみる。

で、ブログのタイトル、変えてみたら?と、思う。

ちょっと無理してでも、なんというか、もう少しポジティブっぽいもの、明るい未来を引き寄せられるような雰囲気のものに。

「超高齢での挑戦」とかなんとか言っていたら
いつまでも「ICSI組」で、終わっちゃいそうだなぁ~~などと。汗

うん、考えてみよう。この年末中に。

新しいブログタイトル決まったら、即、お知らせいたします。


いつもこのブログに遊びに来ていただいている皆様、
たくさんの暖かいコメントを頂いて、
そして遊びに言った折にはあたたかいレスを頂いて、大変お世話になりました!
皆様と出会えて、ほんとに嬉しく思います。
お顔も知らずあったこともないけれど、
ブログの交流から沢山のあたたかさを分けていただいた、
大切なお友達です。
ありがとう!

来年は、共に幸せな展開となり、ともに進展してゆきたいと、
心からそう願っています。

女40代、ここぞとばかり、治療も、いろいろなほかの生活についても、がんばって参りましょうねっ。

来年もまた、どうぞよろしくお願い致します。


早々に年末の挨拶になってしまいましたが・・
まだ今年分のブログ日記は書くと思います。(爆)

大掃除やお節作りで皆さんもお忙しいと思いますが
お互いに今年の埃、パンパンおとしてすっきりしましょう~。
スポンサーサイト


マノンさんのブログのタイトルがマイナスイメージだとは思わないけれど
以前読んだ本にマイナスな言葉を使うと幸運が逃げていくって書いてありました
プラスの言葉を使うように心がけると自然と幸運がやってくると書いてましたよ
プラスの言葉を言ったり書いたりしてると気持ちがプラスになってくるからかもしれませんね。
私もすぐグチってしまったり不安を口にしてしまいますが良くないなぁ~と思ってます

来年はお互いいい年にしましょうね
って大晦日の挨拶みたいですが(笑)
また遊びに来ます

では楽しみ!

私もマノンさんのタイトル、全然ネガティブには感じないけれど、変えるのなら楽しみにしてま~す!やはり自分自身が思うことが一番大切だし。
ユッコさんが言う言霊のこと、大切だとしみじみ思います。私も苦し紛れに弱音や不安が口から飛び出るから...来年は、いや今から気をつけよう、っと!

赤ちゃんが来てくれるかな~という不安、私もあるけれど、今はあまりそんなこと考えないようにしてます。それよりも実際に赤ちゃんに触れたり、おなかにいる友達2人の赤ちゃんをなでなでしながら、ちょっとセルフイメージを高めたりして。そうすると、なんだかふんわりと温かい気持ちが溢れてきて、私の脳にもいいみたい。もちろん、誰にでもお勧めとは言いませんが。^^; 

今年頑張った身体を褒めてあげてくださいね~♪ 刺激の『しごき』によく耐えてくれて、頑張ってくれた大切な身体ですもん。マノンさん、D3の値もいいし捨てたモンじゃないですよ~(これホメ言葉です) 身体は精一杯頑張ってくれてますよね。だから、今日の苦しみ(不安)はきっと来年の喜びに変わって行くはず!そう思って、2007年を迎えましょうね、お互いに☆


ユッコさん

やっぱり言葉って大切なのね。
ないがしろにしちゃぁいけないね。
あなどっちゃぁいかんよ~。>私 笑

もう「挑戦」もほどほどにしなくちゃねぇ。苦笑i-229

ある程度は、ぐちったり、不満をもらしたり、ということは必要なのだとも思うんですよ。
だって、それらも自然なことだもの。
それをせき止めておいてもね、、どこかで出さないと仕様がないと思うの。

とすると、、、それを上回る量のポジティブ言葉をとなえるといいのかな??!!

そうね、お互いに、いい年にしようね、2007年!

そして、ユッコさんにとっては、最高のコンディションでお産を迎えらえるますように。v-345
心から、お祈りしていますよ。頑張ってね。v-218

maiさん

そうだね、言霊っていうのはやはりよく言われているだけあって、力のあるものなんでしょうね。
弱音や不安は、どこかで解消してあげないと、溜めてもよくないと思うのよね。
だから、弱音を吐いた後は、更なる量のポジティブ言葉を発しよう!で、いいのかな~?
人間、ネガティブもポジティブも自然なものだから、どちらか片方だけではやってゆけないでしょうしね。とすると、バランスの問題なのかなぁ?

ブログのタイトル、そう?ネガティブじゃない?よかった~。
でもね、始終「挑戦」で終るのもなんか。。。と思って。笑
決まったら、すぐにお知らせしますね。

maiさんの最近の「赤ちゃん待ち」に対する心のもちかたは、自然で安らかな感じがしていいですね。
セルフイメージ、それも、効果的そう。
実際の赤ちゃんに触れられる機会があるというのも、いいことね。
きっと、治療の何倍もの効果がありますよ。v-352

うーーん、赤ちゃんが周りにいない私は、ベビーシッターのバイトでもしようかなぁ、、などとマジに思ってしまいました!爆

D3のホルモン値、こんなんでいいの?
昔はね、E2がすごく高かったの。
でも、カウフマンして、残留卵胞というの?が消えてくれたみたい。
その代わり今度はE2が低いよね~。

ほんとに、よくあの刺激に耐えてくれた卵巣には感謝ですね!お互いに!
うん、感謝をこめて、ようく労わってあげましょう。
まだもう少し、頑張ってもらいたい状況でもあるしね。

お互いに、いい年にしましょう。2007年。v-353v-343

ビックリしたぁ~!(半ベソ)

もうマノンさんに会えなくなっちゃうのかと思って、ドキドキしてしまいましたよぉ~v-12(プンプン!)
タイトルは換えても、ブログは続けていくんですよねっっっ?v-29

だって、ブログで芽生えた愛v-238なんですものv-23(←いやいや、そういうんぢゃなくて・・・焦)
何だ~かんだ~あっても、あぁだ~こぅだ~言いながらでも、“一緒に”楽しんでいきたいんですもんv-220

まま、素敵に前向きなタイトルに変更するのは大賛成なのでv-222
年明けに、どんなになってるかv-22楽しみに覗きに来まぁ~っすv-82

mmiccaさん

あ~っ、そういうふうにも読めるのか!しまった。
いやいや、違います、ブログは続けますよぉ~。
アドレスも変えずにブログタイトルだけ変更するんです。
こう、前向きなホットないーいタイトルを考えてね~。爆

わたしも、ブログを通して芽生えたこの友情!v-353v-344
貴重なんだから!v-349
ブログ閉鎖して消えるなんてできませんったら~。
ぎゃははは、mmiccaさん可笑しい~。もういつも笑わせてくれちゃって
ありがとうね!

こうなったら地獄までも付き合ってもらうよぉ~。←おそろしいぃ!!!
サササーと逃げる音が・・・笑

いやいやそうじゃなくて・・

2007年はお互いに幸せつかもうね!
がんばろう~。
来年もどうぞよろしくお願いしますv-350

マノンさん。

 はじめまして。
私も同じ歳で、顕微にトライしてます。私も欧州に長く居て勝手にすごい親近感抱かせていただいてて、出てまいりました!
そうなんです。ヨーロッパは不妊治療遅れてます。
私は、不妊治療のため戻ってきました。有名病院色々まわりました。
ことに高齢の私たちの顕微は、かなり高度な顕微が必要です。
 マノンさん、私が申し上げるのも失礼ですが、新しい歳は、ご主人の精子を
凍結で日本で是非挑戦して頂くことがお勧めします。
ヨーロッパの刺激のクリニックの結果と日本の自然周期のところとは、
技術が全く日本が上ですから。
それから、ブログのタイトルもそう思ってました。
やはり、何がなんでもポジティブ精神が必要なのでしょうか。
私もマノンさんも絶対大丈夫!新しい歳にかけましょう!

マル子さん

はじめまして。
そうですか、欧州で、そして同じ年!
かきこみいただいて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。

日本での治療はわたしにとってあこがれであると同時に最後の砦でもあります。
かなりの負担がかかることになるので、なかなか現実には実行できないでいるのですが・・・そんなことを言っている間にまた年とってしまいますね。

実はふと思うことがあるんですよ・・
日本で治療していたら、、もしかしたら妊娠できていたかも!なんて。
そこまで期待してしまうのも危険でしょうけれどね・・
でも、少なくとも、ムダなことはしないで済んだかもしれません。
それだけこちらの治療があまりにも雑なので・・。

やはり、不妊治療後進国ですよね、、、。
医師たちもあんなに頭が固いとは思わなかった。
失敗は全部患者のトシのせいですし。(トシなのは現実ですが~・・)

顕微、やはりヘタにしないほうがよいかもと、私も思い始めていたところなんです。
でも、高齢の顕微には相当の技術が必要だ、というところまではわかっていませんでした。
やはり、高齢患者をあつかうのは、何よりも難しいですね。
こちらは、高齢患者を殆ど診ないので、ラボの経験も少ないと思います。

主治医が「精子の再検査して、いけそうだったらIVFにしてみたら・・」とおっしゃったので
できるものならそうしたほうがいいかも、と思っています。

そうですね。。
もうヨーロッパで病院を探すのはムダな努力かもしれません。

日本での治療への道が開けるかどうか・・

ブログのタイトル、やっぱりそう思われます?
やはりなにか、傾向はありますよね。
無理してその傾向を装ってもだめだとは思うけれど
このままではちょっと、先が明るく無さそう、なんて、思ってしまったのです!笑
目的は挑戦ではなく、幸せなベイビー妊娠、出産なんですよね。

よーし、よく考えてみよう。

マル子さんの日本での治療がよい結果をもたらしますように。
日本に滞在しながらの治療も負担が大きく大変だと思いますが、
もうすぐそこまで来ているかもしれないベイビーのために、頑張ってくださいね。

よかったらどうぞまた、近況おしらせください。v-348

お返事有難うございます~!

マノンさーん!
 はじめてメールさせて頂いたのに、ずうずうしく、なんだ私のお勧めまで書いてしまってごめんなさい! マノンさんのブログをつい最近発見させて頂きまして、ざっとですが拝見しました。 私がいた国は多分マノンさんのいらっしゃる国ではないと思います。
 でも、私なりに、色々模索した結果は、私たち高齢には高齢のクリニックが日本
にあるということです。1回目はケミカルに終わり、来月2回目です。
東京の有名クリニックの先生にセカンドオピニオンで、数件どんなことを
おっしゃるかが聞きたくてまわってきました。
 やはり、先生によっておっしゃることが違いました。
顕微ですが、高い技術をもっている顕微授精とそうでないところでは、その後
の受精卵の発育に違いがでるそうです。
参照 おOウィメンズクリニックのHP、センOマザーのHPより。
 あと、フレッシュのIVFが得意なクリニックとか、凍結、顕微得意なところ、色々ありますので、
日本にお帰りになったときにためされても、いかがでしょう?
 あまり、状況が似ていて、色々書いてしまいすみません。
マノンさんと私に来年は、可愛いベイビーがやってきますように。

そちらのお国のドクターの言葉は、ご自身にクオリティのないから
でる言葉です。気にしない!気にしない!
マノンさんまた、参上します。
応援してます!  

マル子さん

このブログを見つけてもらえて、ほんとにラッキー、嬉しいです。v-360

日本での治療を始められて早々に妊娠反応が出たとは、すばらしい手ごたえですね。

でも、ケミカルになってしまったことはとてもお辛かったと思います。
もうお体のほうはすっかり良くなられましたか?

次回には、もっともっとパワフルな卵に出会われ、しっかり着床して育ちますように、お祈りしています。
質のよい医療とドクターに恵まれて、きっとチャンスは大きい!ですね。
わたしも、応援していますよ。来月、頑張ってくださいね!


高齢を扱わなければ技術も研究も進みません。
ヨーロッパ(多分少数の国をのぞいて)でははじめから排除しますから
経験値も上がらないのは当然なのでしょうね。
しかも、頭から「妊娠するはずない」と医師がそう否定していては、妊娠できるものもできなくなっちゃいそうです。

その点日本は進んでいますね。

クリニックも、培養のラボも、みなそれぞれ得意分野が別れてくるものとは、知りませんでした。
ご紹介いただいた病院のサイト、ものすごく参考になります。

ICSIの技術によって受精卵の発育に違いがでる、というのはものすごくショッキングな事実です。。。
わたしたちが医療を受けているあのラボは、一体どうなんだろう・・
一瞬、「自分のは、研修生がICSIしていたりして?!」などと、あらぬことを考えてしまいました。(爆)
でも、あのラボに変ってから、ほんとに分割してくれないんです・・。
自分の歳の問題を棚にあげて、心配です。(爆)

ひとすじなわではいかない技術なら、、、できることならやはりIVFになってくれるとよいなあと思います。

マル子さん、お互いに、来年よい結果を出して、慶び報告がお互いにできたらいいですね!
不安との葛藤に負けぬよう、信じて治療を頑張りましょう。v-353

またどうぞお話きかせてくださいね。
もちろん、話題は何でもいいですよ~~!
お待ちしています。

日本のお正月、いいなーー。
どうぞ、よいお年をお迎え下さい。
来年もどうぞよろしくお願いします。e-69

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。