FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月06日 (水) 04時27分
まるで撃沈直後のような。。

現地の40代女性が書き込みしている掲示板をみつけて読んでいました。
トピック作成者は43歳。

ここで、ひとつ45歳くらいまでなら治療してくれるかも?という情報をみつけたのですが・・・。

書き込みを読んでいると、その病院は有名な金持ち病院で、がっぽり治療費も診療費もかかりそうで、わたしにはちょっと現実的ではない病院。。。残念ながら。

治療の様子はあまりよくわからない。
そこまでの情報はないけれど、たくさん書き込みされていることは、
その金持ち病院に限らず、医師たちの43歳以上女性への辛らつな態度のオンパレードでビックリしました。

一番多いのは「統計にひびく」
これは私も、以前の病院で言われた事。
「わたしは、サラリーマンなんですよ、、、あなたの治療続行はわたしに決められることではないんです」と言われて、病院を追い出されたっけ。

それはまだマシなほうだったみたい。
中には「トシ」ということをほぼ冷酷な言葉や態度で強調して患者クビ!みたいなケースもあるみたい。(私も患者クビだったんですが)

そして、びっくりしたのは、卵子提供で妊娠した女性の話。
その人は繋留流産をした。
そのときに医師が言った言葉は「ほらね、そういうことをするから、(卵子提供のこと)神が認めなかったんだよ。流産は自然のなりゆきなんだよ。あなたの体との相性だって悪かったんだよ」そういう趣旨のことを言われたといっている。

恐ろしい!!人間として、オカシイ!
こんな医師にかかった日には、治療云々以前に、「イジメ」で精神的にきちゃいそうだ。

この国で不妊治療をつづけることは私にはもう無理かもしれない。。
今、ふと、そう思います。

今はっきり思います。
この国は、不妊治療が遅れているんだ。
そして医師たちは、高齢治療のケースはほとんど、手がけていないんだ。

やみくもに、バンバン多量の注射で刺激するしか能がない!
想像力も、研究心も無し!!

掲示板の女性達はベルギーかスペインにいくことを話ししていた。
ベルギーは治療、そしてスペインは卵子提供だ。

私が思うには、やはり日本が一番よいのだ。。。

でも、そんな簡単にいけるならば苦労はしないのよね。。。


かなり・・・・うるるるる・・・


多分、わたしの現主治医は、まだ人間的なほうだったのかも・・・。
刺激方法や採卵のタイミングなどがヘタなのかもしれないけど
まだマシなのかも。。

しかし主治医、週に何日か病院勤務しているみたいなんだけど、「産婦人科医」としてなのよぉぉぉ~~!!
産科と不妊科ってそんな、兼業できるもんなのぉ??



涙・・・くぅぅ、こうなったら・・・

日本の某有名掲示板で、これから一生懸命、できる限りの情報を集めて、先生に色々質問して、ベストな方法を探ってもらおう、、

最後の採卵なんだから、、、。


きょう落ち込んだのは、上記の「自分にあったベストな治療を模索してくれる病院、先生がいない!」
という不安に加えて、なによりも、生理がおかしくなっていること。

前回大撃沈の(移植キャンセルの)あと、変な生理がきて、今はその後の周期なのだけど、今回は生理がこない。。。

普段25日周期の私なのに、すでにもう32日目。IVFのあとはよく周期が長くなると聞いたことはあるけれど。それなのだろうか。

高温期はもう15日目。いつもは11日くらいしか続かない。
そこで、日曜日と今朝、2回検査薬してみたけど、陰性。

この異常に長い周期のせいで、すっかり次回のIVF予定も延びることになっちゃうな・・。

わけのわからない現象だけど、
やっぱり一瞬は期待してしまったのだ。「まさか?!」って。。
だって高温期がこんなにつづくのは普段ないこと。

でもやっぱり陰性よね、、
なんだかIVF撃沈と同じくらいかそれ以上に、落ち込んだ。
なんで、これでもか、これでもか、という位、叩いて、落ち込ませてくれるの?



ああ、もう祈りましょう、今は。
不安で一杯、自信がないのに前向きなんて、無理なことです。
でも、祈ることは、いいのじゃないでしょうか。
祈りが一番通じると、以前産科の先生の掲示板に、書かれていました。
それが一番強いときがある、不思議なんだと。

祈る。。赤ちゃん、どうか来てください。

これは今回学んだ「心の持ち方」バージョンのひとつです。
スポンサーサイト


なんだか悲しいお話ですね。
患者クビ!って、それはないですよねー。
心のケアが一番必要な治療なのに・・・

祈りましょう!私も祈ります。
どうか赤ちゃんがきてくれますように。

つらすぎます。

そんなにズケズケ言われてしまうの?
卵子提供の人の話なんて完全にドクハラです。
訴えられるよそんなの。
ヨーロッパの人ってそんなに冷たいの?
と疑ってしまうわ。
日本に治療で通うのは無理かも知れないけど
少し遠くても通えそうなところがあればいいんだけどね。

暮らしてる場所が違うだけで
しなくていい苦労まで背負い込んでるよね。

私も一緒にお祈りしてるよ☆
きっといつか赤ちゃんを抱っこしようね☆

あぁもう・・・。

マノンさんを「ギュ~」ってしてあげたい、今すぐ!!!!

でも、日本で治療している人の中にもDr.の心無い一言で
言葉にならないくらい傷ついてしまっている人がイッパイいます。(泣)
ただでさえ辛い治療(&結果)なのに・・・

あぁ、どうか、マノンさん☆
悲しまないで、明るいほうを見て進みましょう!!!
マノンさんに心の平和が訪れますように、お祈りしています☆


気持ちは大切ですよ

私が以前通ってた病院でも
「うちは年齢層が高くて妊娠率が低くてね・・・」と少し困った風に看護婦さんが言ってたの思い出しました。
やっぱり病院だから成績も気になるんでしようね、しょうがない事かもしれないですね

しかし、卵子提供の話は酷いですよね
なら卵子提供断ればいいのにね

気持ちしっかり持ってね!!
以前通ってたクリニックの先生も気持ちが一番大切なんだって言ってましたよ
体もゆっくり休めてあげてくださいね

うん分かります

マノンさん、彼の国の方たち、みなシビアですよね。私も似たり寄ったりの経験があるので、あまり気にしちゃダメですよ。

でもどの国でもそんなドクターいますよね。日本でも私、グサグサ(胃腸外科でしたが)言われて、なんでこんなオヤジ(白衣着ているだけで)にこんなふうに言われなくちゃならないの!?と憤慨したことがあったもの。

生理の周期の乱れはたくさんホルモン剤を使用した後には、多いらしいです。私もドクターにもし生理が来なかったら、薬を使って周期をきちんとさせるから、また来院するように言われました。たぶん日本で言う、ピル(ドオルトンとかプラバノールでは?)が処方されるのかもしれません。万が一、あと1週間ぐらい待ってみて来なかったら、ドクターに診察してもらった方がいいと思います。次回に備えて。

祈りのパワーはきちんと科学的に証明されてます。アメリカの医学誌にもその調査内容の論文がありました。私のアメリカ人の知り合いに心臓外科医の大学教授がいます。彼はやはり瀕死や重症の患者さんの手術を多く手がけていますが、今までに何度も祈りによる奇跡を彼自身、手術中に体験したそうです。まわりの人々が特にその人のために祈ると、もっとその力を発揮するらしです。参考までに!

落ち込むときにはド~ンと落ち込んでもOKですよ。後は這い上がるしかないから...必ず春は来るので、信じて頑張りましょうね。お互いに☆

そばかすうさぎさん

そうそう、心のケアがとても大切・・・
と思うものに限ってその逆の環境だったりして・・・。

祈りとお願いって、やっぱり違うのかしら。
わたしはお願いしてばっかりです。

あきらめずに、祈りましょうね。。。

姐さん

けっこういいますね。。それも、サラーっと、冷た~く。

ドクハラの件は、いくらなんでも、特殊だと思うんですけどね。宗教観はいってしまっているしね。
もし自分の身に起こっていたら、一生許せないほど傷つくよぉ・・。

病院、やっぱりベルギーなんかに交通費払っていくよりは金持ち病院のほうが安くつくのか?などと考えたりしています。が・・・。うーんうーん・・・汗
治療内容はどうなのか。もう少し情報を集めないとね。

ありがとう。こうなったら、みんなで祈りの輪だねv-360
ほんと、きっといつかお互いに赤ちゃん抱っこしていますように!
元気になる言葉、ありがとうv-345

mmiccaさん

ありがとう~~v-360うるるるる・・・

日本でも結構言葉の事件がおきたりするんだ・・・。
なんでよりによって、心の問題が大切な不妊治療に限って、無神経な言葉の事件がおきるんだろうね。
どこかになにか偏見があるのかしら。

こうなったら、お互いに負けずに、とことん、がんばりましょう!

優しい言葉、ありがとうv-344


ユッコさん

成績の問題はシビアな問題かもしれませんね。
病院の経営にかかわってくるしね。

以前の病院は公立だったのだけど、
その場合は、成績が悪いと国からの補助が出なくなる、という理由だったようです。

そうそう、ほんとにね、卵子提供、そういう酷いことを言うのだったら、そういう治療にかかわらなければいいのに!と思いますよね。
何も知らずに罹ってしまった患者さん、可愛そうだよね、運が悪かった・・!!!
言葉の暴力って大きいですよ・・・。

気持ちが一番大切・・。
うん、そう思って頑張ります。
こうして、色々と皆さんも頑張っているって改めて確認できて、すごく嬉しかった。
ブログ書いていてよかったよぉ~。救われましたん。涙
ありがとうv-345

maiさん

医者にはほんとに人格オカシイ人がときどきいますね。

やはり、その白衣とかドクターとかいう肩書きでね、おかしくなってしまう人もいるかもしれませんね。
できるだけ、そういう目にあったら、患者側にも訴える場があるといいのですが・・。

そうですね、気にしたら、いけませんね。
こうなったらこっちも、図太くならないと・・。
まだまだ高齢での妊娠、出産がおばかな試み、とでも思われてるような、そういうものを感じます。
でも、そんな国でも必死にもがいている40代女性もいるのだと、ネットで少しわかってきたので、少し救われました。

生理は3日前にやっと来てくれました!
ありがとう~。
mai さんの説明で気持ちが楽になりました。
薬に頼らずに済んで、もう嬉しかった~。涙
前回のロング法、もう2度と嫌だわ、あんな、大量の薬を使って、、、苦

祈りね、その、まわりの人がその人の為に祈るっていう言葉で、ふと思いました。
もしかして、「お願いする」のと「祈る」って違う?って。

わたし、日本の家族、家族のつながりや歴史を思いながら、新しい命を授かりますようにって、祈るようにしてみようかな。。。

沢山の励ましの言葉、すごく救われました。
どうもありがとう!
お互いにきっと、来年は赤ちゃんを授かっていますように。
来年はプレママ会話をしようね。
頑張りましょう!


ご無沙汰してます

マノンさん、ご無沙汰していましたが、いかがお過ごしですか?

医者の心無い言葉って本当に傷つきますよね。
私も不妊治療を始めたとたんにガーンとやられたことがあり、未だにトラウマになっているかも。。。

私はきっとマノンさんのところにbabyちゃんが来てくれることを信じてますから。
絶対に来ますから!!

ラナさん

きゃーん、お返事遅くなってしまって、ごめんなさい。

ラナさん、優しい言葉、どうもありがとう。
なんだか力のありそうな言葉です。
魔法にかかってしまいそう。かかったらいいなぁ。
どうもありがとう。

もう少し、頑張れるはずなので、、、
まだやめません。
ガンバってみますね。ありがとう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


-

管理人の承認後に表示されます


 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。