FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月26日 (日) 10時33分
道はきっと開かれる

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI撃沈後の日々

人のブログにお邪魔ばぁ~っかりして、自分では全然更新していませんでした・・・。
はっと気付いたら、2週間書いていなかった。

なんともう、クリスマスまであと1カ月!!
もうすぐ新年ですか?
ひゃーー。


気分が重くてね。。
書きたいことはあるのだけどどうも書くことができない。

よし!テンプレでも変えよう。
そうしたら、新しい記事も書きたくなるものね。

クリスマスバージョンにする直前にちょこっとだけ、女性ホルモンが出そうな(爆)バラのテンプレにしてみました。

えっと・・・

主治医には一週間前だった?に会ってきました。

次回の採卵が最後ですって。
それ以上はもうしませんって宣告されました。

「こんなに大量のホルモン剤を打って、毎回全身麻酔をして、、それをもう4回もしたのよ!」

「次回が最後、それ以上はもうダメよ!治療する度に体は大きなリスクを抱えているのよ!」

「妊娠したい、という気持ちはわかるわよ・・・
でもね、以前は2個しかとれなくて、1個しかETできなかった、しかもとても質の悪いもの、前回はETもできなかった。もう何度やってもこれ以上採れることは、ないのよ。」

「妊娠も難しい、妊娠してからも継続が難しい、とても厳しいわ。。」


「今後は、(最後の)IVFの準備をすると同時に、心の準備もしていかなくちゃいけないわよ。また、別の方法のことも考えて。卵子提供のこと。妊娠率は50パーセントなのよ。」


んまあ、体を心配してくれている、ということはわかる。
同じ女性として、妊娠したい、子供が欲しいという気持ちも理解できる、という態度を示してくださった。人間味のある先生といえるでしょう。

卵子提供、、、これも色々とお金がかかって大変なんだろうなぁ。。
できるものなら、やりたいけれど。。。
パートナーや家族の同意が得られそうにない。。。

時間も相当割くことになるでしょうし。

あまり現実的には思えない。。
そこまで腹もくくれない、というのが現在の心境です。


「次回の採卵が最後よ、あとは、人工授精ね」

え、一応、診察はしてくれるの?人工授精・・・苦笑 それで妊娠できれば・・・今頃IVFで苦労していないんでは・・???

まあ、体への負担がない、ということで、そういってくださっているようだ。

でも、よく聞いてみると「クロミッドだけじゃなくて注射も足したりね」

え?それって、、結局HMGでの卵巣刺激では・・・
体に負担がかかるからっていったじゃないのぉ~・・。

要するにどうも先生は採卵するのが嫌らしい。
全身麻酔が嫌みたい。次回も局部麻酔にしたら?って言われたけれど・・
うーん、、わたし、怖いのよね。。。爆

全身麻酔よりもHMGのほうが体に悪い気が、私にはするのですが・・。

卵管が右しか通っていないんですけど!!
と言ったら、「片方通っていれば十分よ!」ですって。
そういう話もききますけれどね。。。
IVFで頑張ってきた身には、いまさら人工授精なんて。。。ぶぅーー、なんというか、焼け石に水って、、ちょっと違うかしら、表現が。


次回の、つまり最後のIVFは私から申し出て先生の意見を伺った「中刺激、クロミッド+HMG」ということになった。
確かに、低、中刺激のほうが卵の質はよくなるわ、とおっしゃる。

わたしも実は、どうも、あの大量のHMGを次回は打つ気分になれないでいます。
あまりにも毎回大量だったのと、ほぼ3ヶ月ごとの採卵だったから、さすがに自分でも、「まずいかも・・」と思うようになって。

また、自分から申し出てD3のホルモン値とエコーをみてからIVFするかどうか決める、HMGの量も決める、という話になったのですが、
どうも次の生理3日目に検査するよう処方箋が出されたので、よくわからなくなった。
次回の生理3日目って、、まだ1周期しか休めていないじゃない。
いやだ、そんな、、、せめて2周期休ませたいわ。
最後のIVFだったら、慎重に、はじめたいのよ。

このことについてはまた、先生に確認しなくては・・・ふぅ~
どうも、よく解らないわ、、先生の言う事が。汗


この先生に採卵は最後、それ以降はしない、と宣言されたわけですが、、、

別の病院を探すなり、先生を探すなり、、、
なんとか私の妊娠、子宝への道が新たに切開かれるように、、と密かに思っています。
どうしても、あきらめられない、どうしても、夢を捨てられない、というときには、悲壮になりながらも必死に模索してみれば、道が開かれるかもしれない。
そういう一抹の望みを心のすみに持っていたいと思っています。


そうでなければ・・・やり切れないよーー。
まだ、あきらめきれないのっ!



生姜温灸、再開します。(←ずっとサボっていた)
デトックスもしなくちゃ・・。

また、IVF周期が始まる前に、マンモグラフィーをしに行かなくては。
先生にも「ダメよ、行かなくちゃ、とても大切なことよ」といわれた。
「子宮頸がん検査は?」と聞かれたので、「日本でこの夏にしました」と答えた。

こういうのも、「リスク」のうち、なんでしょうね。

あともう少し。。頑張らせて。。
スポンサーサイト

タグ : DHEA HMG ホルモン値 中刺激 高齢



あぁ~っ、もぉ~っっ!(焦)

何か読み進んでいくうちに心臓がバクバクしてきて息がうまくできなくなりそうで(マノンさんはもっと辛かったんぢゃないですか?心配デスv-12!)

「別の病院を探すなり…」
ホント、同感ですv-222
自分が進む方向が「前」だって、誰かが言ってましたけど、ホントにそうだと思いますv-82

マノンさんが納得いくまで何とかならないものかと、何か道が見つかるようにと、ココロからお祈りしていますv-22

頑張って!

マノンさん、いつも温かい励まし心から感謝してます!
マンモグラフィーしていた方がいいみたいですよ。私もしなくちゃ!やはり30代のときに刺激でIVFをしていた友だちが40代で乳がんスクリーンで引っかかりました。影があるそうです。でも結果は陰性だったけれど、やはりホルモン剤の影響らしいですよ。

私もこんなにバンバン刺激してもらうのはあと2回でいいと思ってます。やはり何よりも自分の健康がないと、家族に迷惑をかけるし、せっかく生まれてきたわが子にも大変な思いをさせるだけと思います。これはあくまでも私の意見でありますが...^^;
やはり子供には健康な両親と温かい家庭が必要必須だと思ってます。

ちょっと、ここからのことは割り引いて読んでくださいね。気分を害したら無視してね。

AIHでもIVFでも40代になるとそんなに変わらないと聞きました。40代のIVFの成功率は多くて5~10%らしいですね。日本だと5%だと聞きました。こんなシビアなことを言ってごめんなさいね。でもこれがもし現実だとしたら、身体に優しい刺激をするAIH方がいいのかな~と思ったりもします。AIHでは卵が複数以上できてしまったら問題になるので、低刺激になるようですよ。

それにきっとクロミッド+HMGはいいと思います。なんでも試してみて答えがでたら万々歳!きっと成功できるでしょう☆ マノンさんの熱い思いがある限り、あきらめるには早過ぎます。きっと答えが返ってくると思って頑張れば、良い応えが帰ってくると信じてます。

では身体をそれまでに備えてくださいね。やはり身体を酷使するのだから、労ることも必要ですよね。お灸良さそうです!身体を冷やさないように大切に!そして、次回は必ずうまく行くと信じて頑張ってみてくださいね。私も心より祈っています!!!

刺激の方法

マノンさん、またでしゃばりです。すみません。

私、思うのですが、前回の刺激法(ウルトラロング)は間違っていたのではないかと...ロングはあまり卵が出来ないし(質は良くなるそうですが)、ある程度年を取った卵巣に長い間抑制するのはとっても良くないと、うちの先生が言ってました。抑制が長過ぎると卵巣が勘違いして、本当に卵を作らなくそうです。まさしくこれにマノンさんの場合当てはまるのではないでしょうか。きっと私の卵巣も同じ立場だったら、悲鳴をあげていたような気がします。

もちろん、マノンさんの先生を非難しているわけではないですが、あまりにもやり方が行き当たりバッタリのような気がしてしまいます。きっと高齢の方を担当したことがないんでしょうかね。どうなんでしょう。

きっとマノンさんに合った刺激の方法が必ずあって、それがビンゴだったら良い卵が複数採れる様な気がします。なんとかして、次回の成功に繋げてもらいたいと思ってまたコメントしちゃいました。

どうか頑張ってくださいね! 夢は必ず遂げるものですもの☆ 

mmiccaさん

あ~、恐がらせてしまった?笑
いや、どうもありがとう、優しいお言葉。

治療最後宣告は、前回のIVFのときから匂わされていたので・・ガツーン!というほどではなかったのですけどね。
今は、先をどうしよう・・と考えるのを、じわじわと避けているみたいな心境です・・。

何とか、道が見つかるよう、できるところまでやってみます。どうもありがとう!

maiさん その1

maiさんこそ、いつもありがとう!

maiさんに言われて、ネットで乳癌チェックなどのサイトを探して読んでいました。
生理開始したら、マンモグラフィーに行ってきます。
潜在するリスクとしてはかなり大きいですね。。エストロゲンの多量使用に40歳以上で子なし。何よりもエストロゲンですね。。。

そう、今ある命、自分の体が何よりも一番大切ですものね。もし子を授かれたら、もっともっと。
大切にしなくちゃいけませんね。
どうしても子供や治療のこととなると、ムキになって限度を越えたことをしてしまう性というのでしょうか、そういうものが女性にはあるかもしれません。

某掲示板でも、「卵巣は、生理がある今だけではない、一生おつきあいしてゆく臓器、いたわりつつ大切にしてゆきたい。だから40代では低刺激でやっていきます」というようなコメントを読んだ事がありました。
いま改めて身にしみる言葉です。。。


40以上になるとIVFと成功率が変わらないという言葉を読んで、元気がでてしまいました!←ゲンキンです。
うん、わたし、クロミッド+HMGでやってみたいと思います。v-360
このコメントにすごく救われたんですよ!
maiさん、あなたは、タダ者じゃないですね!笑 
すばらしい。
心から、ありがとう。

「これが最後」と(一応・・でも先のことはわかりませんぞ・・・探してみよう、、先生を。。汗)
言われている、次回のIVFは、「最後」くらい、「うまくいくと信じて」治療してみたいです。
そういう気持ちにもってゆけるのか・・
頑張りますねv-343

maiさん その2 卵巣刺激法について

貴重なコメント、ありがとうございます!

あのロング法はね、、実は自分でもかなり疑問でした。
ロング法というにはスケジュールが一般的に行われているものとビミョウにずれていて、ウルトラロング法ともいえないような、変~なものだったのですよ・・。

実はあの後の生理がかなり様子がおかしかったです。

なんだかズレタことをされていたような、感じがします。
わたしみたいな高齢はなかなかいないかもしれませんね。
高齢は色々なケアが沢山必要なデリケートな患者でもあるのに、そういう情報がないのかも・・?

悲しいかな、なかなか現住地で44歳目前のわたしを診てくれる医師は見つかりません。
今の医師とラボ(これもどうも納得行かない・・)とやってゆくしかないのがツライところです。


卵巣抑制の期間が長すぎましたね。
長すぎてHMGをいざ打ってももう反応しなかったのかも。。
卵巣には一番過酷なことをしてしまいました。
うーん、卵巣よ、ゴメンネ!ゆっくり今は休んでおくれ。

たくさんの勇気のでる言葉を、ありがとう。
とても嬉しいです。いただいたコメントは、ありがたい言葉のおくりものです。
よっし、頑張りますよ。

そして、maiさんも!
今maiさんのお腹の中でスタンバイしている卵ちゃんたち、いい気の流れにのってしっかり着床してくれるよう、祈っています。v-344

お互いに夢をかなえたいですね。
その日まで、がんばってゆきましょう。

ありがとう。

はじめまして

こんにちは、どこからともなく飛んできました。
私、もうすぐ43歳。治療中です、、仲間だ~~前回IVF失敗して、今回はICSIです。昨日からHMG打ってます(痛いね)正直、こんなに身体に矛盾を与える治療は長く続けたくないですよね。自然界にそむいてる気がする。でも、子供がほしい。
と、あほなことばかり考えております。

海外で治療って大変ですよね、、、、応援してますので、頑張ってください

マノンさぁ~~ん(泪)

自分で諦めるのは仕方がないけど
「これで最後」って先生に言われて諦めるなんて
私には出来ないよぅ!
もちろんマノンさんだってそうだと思うけど。
率直に、他の病院や先生を捜してみてもいいんじゃないかしら。
気持ちだけが前に進んでても、主治医の協力がなかったら
精神的に参ってしまうと思うのね。
やっぱり自分に合った病院選びも大切だと思いますよ。
確かに海外だと細かく探すのは難しいかも知れないけど
きっといい病院は見つかるはず!

次は低刺激で進めるんですね?
うん、うん。その方が負担が少なくて済むからいいと思う!
私も大量の注射を打っても2個3個だったので、
それだったら負担の少ないクロミッドで1個だけの方がいいかなーって思いました。
実際ほんとに体もお金も負担がないのでストレスも少なくて済みます。

マノンさんの気持ちが一番大切だから
頑張ってステキな先生に出会えるようにお祈りしてますね。
私も卵がなくなるまで頑張りますよ!!(笑)
あ、そだ。私もマンモ受けるための予約しなきゃ・・・

momo☆さん

はじめまして。
ようこそ、いらっしゃいませ。

おっいまHMG中ですか。
いい卵が沢山育つように祈ってます。

不妊治療、体にとってはすごく負担なことは確かですね。
特に刺激周期は酷使すると思います。
早めに切り上げられればよいのですが・・なかなかそうともいかなくて。
そうわかっていても「あきらめる」のはなかなか難しいことです。。

お互いに体は労わって気をつけながら治療をしてゆけるとよいですね。

姐さん

そうなのよ~~
「あきらめる」のは、至難の業です。
まだ「命」がほそぼそと灯っているのに無理やり消してしまう、という心境です。

姐さんの言葉を思い出して、「そうだよね!」と、病院、探してみたよ。
現地の掲示板などで検索してみたら、あった。
書き込みによると「45歳までは見てくれるはず」
まあ、書き込み情報だと、自分の場合は受け入れてもらえるのか、わかりませんけどね。

でもね、その病院、有名な「金持ち」病院で、医療費が馬鹿高いことで有名な病院だった。(爆)
保険なんて雀の涙ほどだと思う。。。
ちょっとしたエコーとか血液検査とか
ちょっとした診察だけでもね、
がっぽりもっていかれる、そういうイメージの病院です、、、とほほ。。。

でもまあ、、、あは、あは、、、
可能性はゼロじゃないということで、、
希望が少し沸きました。
ゼロよりはマシだものね。涙

低刺激、今の主治医はノウハウを果たして持っているのだろうか・・・
なんて心配してしまいます。。。なんだか今までの経過からして
いまいち不安なのです。。

姐さん、ガンバロうね。
あきらめないよ!

海外だと病院選びも大変なんでしょうね
日本だと色々あるみたいだけど・・・
なんとかマノンさんの体に合う方法で治療してくれる病院があるといいのにね・・・
頑張って!!
応援してるよぉ~!!

ユッコ さん

そうなの、若いと事情は変ると思うのだけど、40歳以上になると、病院探しはものすごく難しいです。
やはり不妊治療、しかも40歳以上はね、日本が一番進んでいる!
そう実感します。

ユッコさんの応援、心強いよぉ~!
ありがとうっv-343

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


 トップへ戻る 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。