FC2カウンター

プロフィール

マノン☆

Author:マノン☆
2005年後半から始めた顕微授精。
一度も陽性反応が出たことはありません。
2007年から遂に帰国治療で、KLCデビュー。
あっというまに45歳。
45歳以上はやはりきついです。難しいです。
しかも帰国治療、年に数回しか治療できないんですが、
あきらめきれないから、あともう少し、頑張るつもりです。

画像つき花言葉

今日のレシピ

レシピカレンダー

developed by 遊ぶブログ

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--) --時--分
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月04日 (水) 02時32分
DAY14採卵、ラボからの電話「悪い知らせ」

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI 5回目

DAY14に採卵をしてきました。

8個、卵がとれたのです。

けれど、喜んだのもつかのま、、、

翌日ラボから電話があり

「受精卵無し」。


採卵の日、オペ室で主治医がうれしそうに、「今回はいい調子ねーーひとつでもうまくいくといいけれど」と言っていた。

「ただPが上がってしまったのだけが・・悪い影響がないといいけれど」

採卵が終ってリカバリールームにいるところへ主治医から電話「8個もとれたのよ!!よかったわ!で、ICSIにする?IVFにする?」と聞いてきたので、最後だから、確実なICSIをお願いしました。


そして翌日、ラボからの電話。
「悪い知らせなんです」
「8個の卵のうち成熟卵は3つ。残りはすべて未成熟卵。
3つのうちひとつは質が悪すぎて、ICSIできたのは2つ。
その2つもICSIに耐えられなかった(壊れた)」


どうして、8個もとれて、受精卵がひとつもできないの??


P4が上がったのがよくなかったの??

14ミリのときにアンタゴを打っていれば、Pは上昇しなかったのでは・・


14ミリのときにアンタゴうって、一日だけのアンタゴじゃなく3日間アンタゴとHMG同時注射をつづけて、

18ミリのときじゃなくて、もう一日遅い20ミリのときにHCGを打っていれば成熟したんじゃないの?


でも、主治医もラボも「卵の質が悪い」の一言。


そういうのは簡単だわよね。

8個も、全部全滅、無駄になるなんてこと、これ、高齢なら普通にあることなの?


あんなにいろいろ頑張ったのに、
必死にできるかぎりのことをしてきたつもりだったのに、
運命は味方してくれませんでした。
何も報われなかった。


私の人生はどうしても子供は授からないようになっているのでしょう
か?


朝電話もらったときはまだショックがよく出てこなくて、、

午後になって急に悔しくなってきて、、

少し泣きました。

これからどうしようか。

主治医が「もうIVFはやめなくちゃ。でも、人工授精ならしてあげる。自然妊娠よりは可能性があるわよ。あなたの彼の精子、状態が相当悪いしね・・」。


わたしも、もうこの医師とラボとIVFするのは、ごめんだわ。
不毛だわ、まったく!!
3回もIVFして、合計4個、2個、8個、の14個採卵しました。
そして、その14個のうちでお腹にもどせたのは、1個だけ。
しかも2分割でした。

高齢だから、当たり前なの?!

納得いかない。

(わたしも人のせいばかりにしていますね・・。これを読んでお気を悪くされた方、ごめんなさい。)


きのう採卵して、きょうからの黄体補助などの薬はどうしたらいいか、主治医に聞いたら、「もう何もしなくてもいいわ」

でも、このままだと黄体でなくて周期狂うんじゃないのかな。。

主治医は「黄体なんて、自然にでるものなのよ」

とおっしゃるけれど、、
わたしはあんまり黄体機能がよくないし。


だから、とりあえず勝手にプラノバール(類似品)を飲んでおくことにしました。
これで、ちゃんと周期どおりにリセットしたほうがいいかなぁと思って。


これから先のこと、どうしようかまだわかりません。


日本で治療したいけれど
大きな犠牲を払うことになる・・
そして実現可能かどうかも分からない。


いや、日本で治療しないことのほうが大きな犠牲になるんだろうか。。

わたしは、子供に恵まれない運命なのかなぁ。
そこをどんなに変えようと思っても、無理なんでしょうか。。。

少し、ゆっくり考えます。。。
スポンサーサイト

2007年03月31日 (土) 07時17分
DAY11エコー・P4が高すぎる!

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊治療 
カテゴリ : ICSI 5回目

きょうはDAY11のエコーと採血でした。

ショックだったことが1つ・・。


P4(プロゲステロン)が2,30です。

採卵(排卵)前のP4は通常1以下だそうです。

わたしのこの数値は、黄体期に入る数値みたい。

主治医に電話したときも、主治医自身が「P4が高い!どうして!?・・・・無言」


主席卵胞はきょうの朝で16ミリです。
E2は2000ちょっと。
これも高め。
E2はアンタゴ打てば少し下がるだろうけれど。

おとといの主席卵胞は12ミリ。

その時点でアンタゴの指示はでなかった。

アンタゴを打たなくてもいいですか?と聞いたけれど、
金曜日まで打たなくていいという指示。

私は、木曜日あたり(卵胞が14ミリくらいになる)に打ったほうがいいのでは・・と一瞬不安に思ったのだけど。。。

前回アンタゴで未熟卵ばかりだったから
今回ぎりぎりまでひっぱりたい気持ちが私自身にもあった。

LHもまだ2くらいだったし。
きょうもまだ6位。

でも、プロゲがこんなに出てしまった・・。


プロゲが卵胞期にでるのは卵を痛めるとネットで読んでいたから、大ショックで、早速検索、検索。

P4が高いと卵の質が悪いのでIVFをキャンセルした、そんな記事ばかりヒットする。

どうして?!(涙)

悔しい・・。

きのう、アンタゴを打っていたら、p4も下がったかもしれないのに、、などと、考えてしまう。

また、DHEAを飲んでいて、P4が上がる、という記事を見つけました。

DAY1で残留卵胞もなく、すっきりお掃除されていたにも関わらず、
P4もE2もこんなに高くなるのは、DHEAのせい?!!

唯一ひとつだけ、p4が2.3で採卵して移植に進んだ、という人の記事がありました。

P4が出過ぎると、つまり黄体化が始まると、卵が成長を止めて、そして退行するのだそうです。

今夜やっとセトロタイドを打ちました。

どうか、卵の損傷がありませんように。。。


明日HCGを打ち、月曜日に採卵です。

どうか、受精できる卵がありますように。

今日の卵の成長は(P4が高くなってしまったけど・・卵ちゃん、ゴメンね!涙)

主席卵胞16ミリがふたつ、
12ミリが3つ、
10,11がそれぞれひとつづつ、
でした。

無駄にしたくない。
無駄になりませんように。



実はもうひとつトラブルがあります。

左卵管に水があるようです。

DAY1から指摘されていて、きょうのエコーでも消えていなくて、
エコー医師はどうも変な映像があるんだよね、、と。

日本のサイトを読む限りでは
卵管に水があると着床に不利らしいので
採卵時に採卵の針で一緒にさして水を抜くそう。


きょうの電話で主治医に卵管の水の話をしたら、

「全く問題なし!!」

「でも、採卵の時に一緒に水を抜いてもらうことはできますか?」

と聞いたら、

主治医、「そんなことはしないの!問題は全く無しなんだから!!」と、かなーりイライラしながら強い口調で言うので、それ以上はもう何もいえなかった。


ほんとに・・いいのか?!!



はやくもあきらめモードになってしまったきょうの午後。

ダメだったら、わたし、次は日本に行きます。

数年のうちに
卵子の若返りも実施されるようになるかもしれないし、

まだ希望はあるもの。


まだ次の可能性はある。
ただし、閉経になる前ならば。


しかし当分は子無しということになるかもしれないから、
あの服とあの服、買っちゃおうかな。
せめて好きなもの買って、おしゃれを楽しむんだわ。


ぶつぶつ。。。


折角皆さんに力づけてもらっているのに、
卵もここまで育ってくれているのに、
後ろ向きじゃダメよね。


では、最後の〆に、、、

このIVF、それでも、最後まであがきます。
頑張ります。

卵ちゃん、がんばって!お願い。

2007年03月30日 (金) 08時41分
DAY9 エコー

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI 5回目

昨日はDAY9のエコー。

卵が、2つ増えていました。
でも、小さいので使えないでしょう。


卵たちの大きさにちょっと開きが出てきた模様です。(競馬レースではないですが・・)

後発の2つは4ミリと7ミリ。

あとは、それぞれ8、9、10、12ミリ。
12ミリが左右の卵胞にそれぞれひとつづつ。

私の願うところとしては・・
9-12ミリのがなんとか4つくらいは採れること。

そして、更に贅沢をいうならば、8ミリのがなんとか追いついてくれればと・・・

ということで、IVFキャンセル続きの後に疲れてしまって放ってしまっていた生姜温灸をあわててきのうしてみました。

血流が満遍なく卵巣にいきわたればきっと卵も揃って成長してくれるのよね・・と思い。
体も動かしてみる。
股関節を伸ばす体操をしたりして。

しかしあっという間に時間は過ぎて、明日はもう最後(?)のエコーなんです。

ホルモン値は、LHがまだ2.5くらい、E2は1000ちょっと。

だから、きのうの電話では、主治医からアンタゴの指令は出なかった。

金曜日のエコーと採血で新しい指示がでるから
多分アンタゴは金曜日に開始かな、と予想です。

主席卵胞の大きさは、
きのう12ミリ。
きょうは14ミリ。
明日は16ミリ。
順調に行けばの話しだけれど。

まだ、大丈夫だよね・・・
LHサージ、出ませんように。


私の自然での排卵は早くて、DAY11くらいなのです。
だからちょっと緊張。
でも、卵が複数あれはLHサージも押さえられるらしい。
今回はDAY1で卵胞が見えなかったくらいだし、
中容量ピルのお陰で卵胞の成長は遅めなのかもしれません。

いつも卵胞が暴走する私にとっては、なんだか嬉しい。

卵は、、やはりじっくりゆっくり育てるほうが、いいのでしょうね。

いきなり強火でたまねぎを炒めるとこげてしまうけれど、
弱火でじっくり炒めたなら、甘みも出て、美味しくなるものね。
それと同じ。(か?)


しかしLHサージというものは、ある日突然跳ね上がる、という話も見かけたことがあるので、、

やはりいつもながら不安はムクムクと湧き上がってきます。

LHが低いままアンタゴを打つと卵の質もよくないらしい、
なかなか緊張する瞬間です。



どこかのサイトで、アンタゴの場合LHサージが4~10位でHCGを打った場合が妊娠率が高い、と見かけました。
(でも、どこのサイトだったか、確認できません)

私の以前のアンタゴの時は、、、LH2くらいでHCG打っていたわ・・

・・・と今更あまり反芻しないほうがいいわね。

現在、採卵後の(できたらだけれど・・汗)
黄体補充について検索!検索!!

わたしの主治医はHCGを2回にわけて投与、プラス膣座薬を処方します。

それで、いいのか??

というのも、プラノバール投与が着床率が高いと、どこかで読んだのです。
プラノバールだと、アンタゴで下げてしまったエストロゲンも補充するから、よいとのこと。

黄体ホルモン形成には、エストロゲンも少量必要なのよね。

HCGって黄体を促すだけだから。。
実質的なプロゲとエストロゲンを足すほうがいいんじゃないのか?

プラス、プロゲの膣座薬も、いい方法みたいです。

もう少し、、検索だ!


話題が変わりますが。。

セントのサイトを覗いたら、、
セント・○ザーでは
核置換法という研究を積極的にやっているようです。
卵子の若返り、というやつですね。

細胞の核は本人のもの。
核のまわりにある細胞質は若いひとのものに置き換える。

遺伝子情報はすべて核に収められているので、
DNAはすべて本人のものなんです。

もしこの方法が近い将来解禁になったとしたら、、

私達、もう少し長い時間、希望をつないで頑張れるかもしれませんね。

2007年03月27日 (火) 08時12分
DAY7 初エコー

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI 5回目

いよいよきょうはエコーの日です。

エコーのアポイントは夕方だったので、
まずは採血のラボへ。

このラボ、初めの2回のIVFでお世話になった公立病院の指定ラボなのです。

撃沈、そして病院から冷たくあしらわれて追い出される、という嫌な思い出しかなくて、それ以降寄り付かなかったのだけど、
IVF専門ラボとしてはやはり評判のよいラボ、
患者の情報管理もちゃんとされているらしく、
私の採血に関するIVF保険がまだ今年の10月まで有効であることを発見したから戻る気になったのです。
(もちろんIVFその他の治療自体にはもう保険はでない)

採血も、結構な出費になるので、気を取り直してこのラボに行って見ました。

待合室に入ると、思い出がわいてきて、なんだかすごくつらい気分になる。そして、怖い・・。容赦のない判定!をもらって帰ったっけ・・

きょうは同時にバクテリアの検査もお願いしました。

以前の採血ラボではこのバクテリア、2週間くらいかかったし、
ホルモン値も朝7までにはいらないと、同日に結果がでなかった。
(検査を外注に出しているから。ラボは採血のみ)

しかも、バクテリア検査のために膣に器具をいれて採取するのに、
すごい時間がかかって、、、5分くらい器具を入れたままにされたりして・・すごいつらかったのよね。
いじめられているんじゃないの!と思うほど。

しかし、機器類をすべて自分でもっているこちらのラボはさすが!
ホルモン値は2,3時間で出る。
そしてバクテリア検査結果も2日後。

採取もうまかった。
30秒ほどですっと終った~~。

随分と気分がよくなりました。

こっちに戻って、やっぱりよかったのね。。。

また、100ユーロくらいかかるだろうと思われた検査代がゼロなのはありがたいです。


エコー。

エコークリニックへ向かいながら

どうか、どうか、夢をかなえさせてください。
ご先祖様、サポートをお願いします。。。
と祈りながら歩いた。

とにかく、このエコーへ向かう、というのは、
なにかの判決をききに向かうかのような気持ち。。。
まな板の鯉というのはまたちょっと違うかもしれないけれど、、
とにかく、あのエコーの機械が容赦なく
これからの行方について判定を下すのだ・・という思い、、怖い。


卵は、5個育っていました。
大きさはそれぞれ、6ミリから9ミリ。
わたしにしては、上出来に、揃っていると思う!!

ああ・・育っていた。ありがとう!

ピルの選択は、、、大丈夫だった。

わたしには、7個も8個もボコボコできる、というのは無理な話なんで、5個というのは上出来なんです。
ありがたいです。

どうか、このまま続けてこのまま全部一緒に育ってくれますように!!

採血の結果、

LHはまだ2.40。

E2は378。
えっと5で割ると卵1個につき75くらい。
こんなもんで大丈夫かな?
少ないかな・・?
アンタゴを打つから、心配だな・・。

そしてプロゲは1.70
多くないかな・・・???

ふーまた明日検索だわ。


明日は、麻酔医との面談です。
この病院がまた、もの凄く遠いのよね・・。
しかし半年に一回更新で面談を受けなくてはならないそうで。

この機会に前回のことを言っておこう。
前回、麻酔が多すぎた??
ものすごく体がだるくて、
タクシーでも帰るの、きつかったのだもの。
このときの麻酔医がなんだか研修医みたいな若い子だったのよね・・。
全身麻酔の量、もっと、弱くして~。

2007年03月23日 (金) 08時46分
DAY3 刺激開始

ジャンル : 結婚・家庭生活   テーマ : 不妊 
カテゴリ : ICSI 5回目

週末終わりからネットに繋がらなくなってしまいました!

やっと昨晩遅くに復旧したのですが・・・

今週はエコーがあったし、
この大切なときに、検索ができないなんて!!
とかなーり焦っていました。


やっと繋がって、、早速検索、検索。
でも、検索だけじゃ追いつかない。

どうか、このやり方で、このスケジュールでうまくいきますように。。。

今晩HMGによる刺激を開始しました。

一昨日DAY1で、エコーに行きました。
エコーに行った時点ではまだ生理が始まっていなくて、
その日の夜にじわーりと、少量の出血がはじまり、
いつものPMS症状の頭痛もはじまったので
DAY1としておきました。

エコーは全く卵胞が見当たりませんでした。
つまり残留卵胞も、LUFも、キストもなかったということです。
高温期にも卵胞は育っていなかったということです。
すっかり綺麗にお掃除されていたようです。

これはとてもうれしかった!!!

でも、卵胞が全く見えないというのは、別の意味で不安にも。。。
まだDAY1になるかならないかの時点だったので
なんともいえないとは思いますが
卵胞が今頃は現れていることを祈るばかりです。

DAY3のエコーもしておけばよかったかな・・
血液検査もしておくべきだったかな・・
処方箋がなかったしな・・仕方ないかな。

どうか、卵胞、現れてくれますように!!!


先月のエコーではダグラスかというところに液体があったようです。

今月のエコーではそれはなくなっていた。

しかし、今回は左の卵管に液体があったようです。

これは、検索してみるとちょっと不安材料のようです。

採卵時に針を刺して水を抜くという方法があるようなので
次回以降のエコーで液体が依然としてあったなら
主治医に尋ねてみようと思っています。

もし卵胞が、まったく育っていなかったら、、、、
その時点でキャンセルさせてもらえるかな・・・


「最後のIVF」というのは、「最後の採卵」ということで、
「採卵」にこぎ付いた時点で「最後・完了」ということにしてほしいな・・・。


不安はいつも、限りないです。   

どうか、卵胞が育ってくれますように・・・!
どうかお願い


とにかく、私の体、
IVF治療を始めてから
筋腫ができたり、
卵管に水が見えたり、、、

でもよくここまで耐えてくれた。

こうして、夢を追わせてくれて、ありがとう!
と、今は感謝です。

がんばるよ!
だから、、、採卵まで、移植までこぎつけてね・・
一緒に頑張ってね!


IVF5回目のまとめ



IVF前周期高温期、中容量ピル10錠服用
IVF前周期より(いつからだったか覚えていない)トレンタール2錠/日 服用


DAY1 卵胞無し
DAY2 抗生物質、ステロイド剤の服用を開始
DAY3 HMGメノピュール(LH:FSH、1:1)450UL

 トップへ戻る  » 次頁へ移動する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。